本編から数年後



京太郎「すぅ…すぅ…」

ピンポーン ピンポーン

京太郎「ん、んん…」モソモソ

キョータロー、アケテー キョータロー? コンコンコン

京太郎「んー…」

ピンポンピンポン

京太郎「…めんどくさい」ゴロン

アケロー!キョータロー!アケロッテバー! ドンドン

京太郎「うるさ…」

ガチャガチャ…カチャリ ガチャッ バタン

京太郎「すぅ…すぅ…」

タッタッタッタッダッダッダッ

淡「開けろって言ったじゃん京太郎のバカー!!」ドスン

京太郎「ぐぇぇ」

淡「なんで淡ちゃんのノック無視するかなー!もー!!」ユッサユッサ

京太郎「しょーがねぇだろろろろ寝てたんだからららららら」ガクガク

淡「絶対途中で起きたでしょ?」

京太郎「それに関してはすまないと思っている」キリッ

淡「ばかー!!!」ゴチン

京太郎「ぐぇぇぇ」

淡「もー!まったくもー!」ギュー

京太郎「すまんすまん…でもお前鍵持ってんだろ?」ナデナデ

淡「それとこれは別なのー!私は京太郎に開けてもらいたかったのー!」スリスリ

京太郎「悪かったよ」ポンポン

淡「悪いと思うならもっと撫でるが良いぞ!」

京太郎「はいはい…」ナデナデ

淡「ー♪」ムフー

……………

京太郎「そういやさ」

淡「んー?」ゴロゴロ

京太郎「なんでお前ウチに来たのよ?」

淡「好きな男のところに来ることに理由がいると言うのか!」

京太郎「ふーん」

淡「ふふーん」

京太郎「で、本音は?」

淡「お酒飲みたいから!」キリッ

京太郎「だと思ったよこんにゃろ」ペチッ

淡「あわー」

京太郎「ていうかいつも思うんだがなんでウチに飲みに来るんだよ?家でだって飲めんだろ、一人暮らしなんだしさぁ」

淡「だってどこの店でもお酒売ってくれないんだもーん。『子供が飲んじゃいけません、ちゃんと大人同伴で買いに来なさい』って」

京太郎「マジ?保険証か免許証は?」

淡「免許持ってないから保険証見せたんだけど『背伸びはわかってますよー』って顔してくるんだもん。どっちにしろ買う気無くすよあんなん」プクー

京太郎「Oh…」

淡「だからいい気分で飲めるここに来るってのもあるし…それにさ」

京太郎「それに?」

淡「どうせなら京太郎が一緒にいるほうが楽しく飲めるもん」

京太郎「…ちょっと待ってろ、ついでにツマミ持ってくる」スクッ

淡「さきいかがいーなー」パタパタ

京太郎「りょーかい」

淡「~♪」
………
……

京太郎「ほい、とりあえずはビールと…いかは炙ったほうが好きだったよな?」コトッ コトッ

淡「さっすが、わーかってるぅー♪」ウニョウニョ

京太郎「だー、嬉しいのはわかったから!髪の毛大人しくさせろ!絡まる!」

淡「あい」シュン

京太郎「ったく…お前の髪の毛といい照さんやら咲の角といい一体どうなってんだよ…」

淡「知らないよー。気づいたらこうなってたんだもーん。ねね、それより早く食べよーよ」

京太郎「はいはい…まぁとりあえず」カシュッ

淡「ほいっ」カシュッ

「「乾杯!」」コーン

淡「んぐっ、んぐっ、んぐっ、んぐっ…ぷはぁー!この一杯のために打ってんだよねぇー!」ガンッ

京太郎「一気飲みはやめろっていつも言ってんだろがっ」ピシッ

淡「あわっ…だって乾杯ってそーゆー意味じゃん!」

京太郎「それでも駄目なものは駄目なの!次言うこと聞かなかったら締め出すぞ!」

淡「むー…」

京太郎「むーじゃない」

淡「もー」

京太郎「もーでもねぇ」

淡「ちゅー」ンー

京太郎「…」ピシッ

淡「へぶっ」

京太郎「馬鹿やってねーでさっさとつまみを食べなさい。一番美味しい時間が過ぎちゃうだろ」

淡「はーい」モチャモチャ「あ、ビール…」

京太郎「ほれ」スッ

淡「てんきゅー♪」カシュッ くぴくぴ

京太郎「おーい、そのペースだとすぐ潰れんぞー」

淡「へーきへーき、だいじょーぶだってばー」くぴくぴ
………
……

京太郎「はぁ~あ…」

淡「あわぁー……♪」ぐでん

京太郎「まぁ案の定こうなるよなぁ…ったく…」

淡「んへへー」

京太郎「淡ー。あーわーいー」ペチペチ

淡「んー?らにー?」

京太郎「寝るなら俺の部屋で寝ろー。風邪ひくぞー」

淡「あーい…んしょっ…と?はれ?」コテン

京太郎「どした?」

淡「…起きれない!やって!」

京太郎「………はぁーーーーーー」

淡「きょーたろー!おねがーい!つれてってー!」

京太郎「わかったわかったよわかりました!お部屋までお運びいたしますよお姫様!」

淡「よきにはからえー♪」
………
……

淡「ふへー…」ポスン

京太郎「布団被せてっと…淡、水ここ置いとくからな。喉渇いたら飲めよ?」

淡「あーい…ありあとー…」

京太郎「ったく…」ワシャワシャ

淡「んぅー…くすぐったいよー…」

京太郎「お休み。また明日な」ポンポン

淡「んー…」

京太郎「…」ガチャッ 「きょーたろー…」 京太郎「ん?」

淡「いつもありがとねー…めーわくばっかかけてる私なんかをかまってくれて…」

京太郎「…気にすんな。俺だってこういう生活、割と楽しんでたりするしな」

淡「そっかー…ありがと…」

京太郎「そんじゃもう寝ろ。明日に響くぞ」

淡「うん…おやすみー…」モゾモゾ

京太郎「おう」バタン

シーン……

京太郎「迷惑ばっか、ねぇ…」

京太郎「そんなの…この関係の気楽さに甘えてる俺の方が…かもな」

京太郎「あ゛ー…」ガシガシ

京太郎「俺も飲みすぎたっぽいな…とっとと寝るか…」スタスタ

カンッ