竜華「な、なあ京太郎? この後暇やったり、せぇへん?」

京太郎「あー、ちょっと買うものがあって……」

竜華「ならっ、うちもついていってええかな?」

京太郎「それもちょっと……竜華さんの前じゃ買いにくいというか」

竜華「そか……ならしゃあないな」

京太郎「ごめんなさい、埋め合わせは必ずしますから」

竜華「気にせんでええよ……うち、もういくわ」

京太郎「あ、はい」

京太郎(さすがに誕生日プレゼント買いに行くとは言えなかった)

――――――

竜華「京太郎の、アホー!」


セーラ「また荒れとんなぁ。また喧嘩でもしたんか?」

怜「誕生日だからってデートに誘おうとしたら断られたらしいで」

セーラ「は? あのアホ、竜華の誕生日忘れとんのか?」

怜「まぁ、うちの見立てではプレゼントを急いで買いに行ってる、みたいな感じやな」

セーラ「だったら一緒に買いに行けばええやん」

怜「セーラはわかっとらんなぁ」


竜華「ふつう誕生日迎えた恋人放っとくか!? 放っとかんよな!?」

泉「部長、落ち着いて、頭揺さぶるのやめて……」

竜華「せっかくこっちから誘ったのにぃ!」

泉「もう、ダメ……」

浩子「部長、どうかしたんですか?」

竜華「フナQ! 京太郎がなぁ!」

――――――


浩子「なるほど、部長とのデートを断って買い物に行ったと」

竜華「酷いと思わん!?」

浩子「それはそうですけど、その理由って考えてみました?」

竜華「理由?」

浩子「男が彼女についてきてほしくない用事、もしくは買い物」


浩子「ズバリ、浮気かエロ本ですよ!」


竜華「嘘っ、京太郎がそないなことするわけ……!」

浩子「男はみんな狼ですよ? ところで、須賀君とはもうしましたか?」

竜華「えっと、それはまだ……やけど」

浩子「彼も健全な男の子ですからねぇ。発散できる手段を確保してる可能性もありえますよ」

竜華「でも、でも……」

浩子「まぁ、あくまで可能性の話ですし、気になるなら確かめればいいじゃないですか」

竜華「……行ってくる!」


怜「おー、見事にたきつけたなぁ。フナQやるやん」

浩子「こっちは須賀君からプレゼントの相談受けてるんですから、ちょっとはフォローしませんとね」

怜「でもあれ、一歩間違えたらやばいんやないか?」

浩子「部長はベタ惚れだから大丈夫だと思いますけどね」

怜「まぁ、もし振られたらうちがもらっとくかな」

浩子「どっちをですか?」

怜「さぁ、どっちやろな」


泉「……」

セーラ「おーい、泉ー、大丈夫かー?」

――――――


京太郎「よし、これでプレゼントは確保。後は竜華さんに連絡して……」

竜華「きょーたろー!!」

京太郎「げぇっ竜華さん!」

竜華「今何隠した? ちょっと見せぇや!」

京太郎「ダメですよっ、だってこれは……!」

竜華「……やっぱり、やっぱり浮気なんか?」

京太郎「へ?」

竜華「うぅ……ひっく、京太郎に嫌われたぁー!」

京太郎「ちょっ、竜華さん!?」

竜華「捨てられたぁー!」

京太郎「あぁもう! こっち来てください!」


竜華「ごめん、ごめんな……うちがキスまでしか許さなかったから……」

京太郎「だから違いますって!」

竜華「だって、彼女に知られたくない用事は浮気かエロ本だってフナQが……」

京太郎「またあの人は! とにかくこれは竜華さんへの誕生日プレゼントですよ」

竜華「へ? 覚えててくえたんか?」

京太郎「忘れないですよそりゃ。はい、後で渡すつもりだったけど、今渡しますね」

竜華「京太郎……ありがと」

京太郎「んじゃ、せっかくだからこのまま出かけますか……って、なんだここ!?」

竜華「お城みたいな建物ばっかやな……」

京太郎「いや、あの……決してそういうつもりで連れてきたわけじゃなくて」

竜華「……ええよ、二人で思いで作ろか」


カンッ