京太郎「お願いします竜華さん! おもち枕で眠らせてください!」

竜華「もしもし憩ちゃんか? ちょっと精神病の患者見てほしいんやけど……」ピポパ

京太郎「精神病ってなんですか! 俺はものすごくまじめなんですよ!」

竜華「水曜日の17時からなら時間取れるんか? じゃあその時間に……」

京太郎「ちょっとー話聞いてますかー」

竜華「ほなよろしくな、またなー!」ピッ

京太郎「もう、人が話してるのに電話を始めるのってどうなんですか!」プンスコ

竜華「いや…その前に自分の発言について振り返ってみいや」

京太郎「おもち枕がどうかしましたか?」

竜華「どうかしてるやろ! どうかんがえてもどうかしてるやろ!!」

京太郎「……?」キョトン

竜華「おかしいとこあるか? 見たいな顔されても困るんやけど…」

京太郎「別に減るもんじゃないですし…ちょっとだけでいいですから、ね?」

竜華「しかたないなぁ……そこまで言うんやったら……」




竜華「うちは横になればええんやね?」ゴロン

京太郎「おぉ…横になっても重力に負けずに突き出した2つの山が絶景ですね…」ゴクリ

竜華「変なこと言うとらんでするならはよしいや…//」カァァ

京太郎「それじゃあ失礼して……」ムニュン

竜華「んっ…」ビクッ

京太郎「重くないですか?」

竜華「流石に京くんみたいに大きい人が乗っかったら重いで…」

京太郎「う~ん、これはすばらな感触だなぁ…」ムニムニ

竜華「ちょっ…そんな胸に顔擦りつけたら…ひゃんっ!」ビクッ

京太郎「柔らかいしいいにおいもするし…竜華さんのおもち最高です」クンカクンカ

竜華「ちょっ…あんまりやると先っぽ擦れて変な感じに……」ビクン

京太郎「ブラ外してくれてますよね。ありがたいですけどなんでわざわざ…」

竜華「京くんに少しでも気持ちよくなって欲しくて…//」カァァ

京太郎(かわいい!)

竜華「ほら、安眠ためにこないなことしてるんやからそろそろ目を瞑る!」

京太郎「そうですね、では…」スッ

竜華「……」

京太郎「……目を瞑ると匂いや柔らかさがより感じられてやばいです」

竜華「あんた眠る気ないやろ」

京太郎「ありますって、それよりもう一つだけお願いしていいですか?」

竜華「なんや?」

京太郎「眠るまで頭撫でてください…」

竜華「これでええか…?」ナデナデ

京太郎「これ気持ちいいし…すごく安心できます…」

竜華「それはよかったな…寝れそうか?」

京太郎「えぇ…最近寝不足…で……もう…ねむ……い……」

竜華「……」

京太郎「すぅ……すぅ……」

竜華「……寝たか?」

京太郎「にゃぁ……」スヤー

竜華「こうしておとなしくしてると子供みたいで可愛いなぁ…」ナデナデ

京太郎「……」グーグー

竜華「ふわぁ…うちもちょっと眠くなってきたなぁ……うちも寝るか」

京太郎「んっ…」スヤー

竜華「ふふっ…おやすみ…」

京太郎「りゅ…しゃん……」スヤー

竜華「きょう…く……」スピー




京太郎「みたいな感じになりませんか?」

竜華「ひざまくらで我慢してなー」

カン!