いちご「…なんじゃ」

京太郎「あ!い、いえ…あの…」

いちご「おんし…。確か長野の清澄の部員じゃろ」

いちご「なんじゃ、負けた人間見てあざ笑っとったんかい」

いちご「なかなかええ趣味しとるやないか」

京太郎「違います!そんなこと、絶対に違う!」

いちご「ふぇ!?な、なんや急に大声だして…」

いちご「…ほならなんでみてたんや?」

京太郎「えと…。雀士としてはあるまじきなのかもしれませんが…」

京太郎「勝ってようが負けていようが関係なくあなたに見惚れてしまって…」

京太郎「それを部員に注意されて頭を冷やしに来たところにあなたが来てしまって…」

京太郎「思わず…で、今の状況です、はい」

いちご「うぇ!?そ、そんなん考慮してへんよ…」

京太郎「い、いちごさん?」

いちご「わ、わかった。とりあえずこの件は許したるわ」

いちご「そ、そのかわり!…といってはなんやけど…」

いちご「うちのグチ…。聞いてくれんかなぁ…」

いちご「こんなん誰かに頼むわけにもいかんし探しとったんよ。こういう人」

いちご「それで…。どう?」

京太郎「は、はい!そんなんでいいならいくらでも!」

京太郎「むしろいちごさんからメールもらえるなんて光栄です!」

いちご「ん!な、ならこれからよろしくな!」

京太郎「はい!」

カンッ