憧「ねぇあんた、誰にでもアレやってんの?」

京太郎「アレ?」

憧「“姫~”ってやつ」

京太郎「んー、仲良い女子なら結構やってるな。咲とか和とか」

憧「ふーん…」

京太郎「それがどうかしたか?」

憧「………やだ」

京太郎「へ?」

憧「あんたがあたし以外にもそういうのやるの、やだ」

憧「あんたが誰にでも優しくて、誰とでも仲良くなれるのはすごくいいところだと思う」

憧「けど、あんたの彼女はあたしなんだから……その…」

京太郎「あー…つまり彼女なんだからもっと特別扱いしろ、と?」

憧「ッ~~~、そうよ!だいたいあんたは誰に対しても馴れ馴れしすぎなの!!」

京太郎「お、おぅ…なんか、すまん」

憧「………」

京太郎「憧さん?」

憧「はぁぁぁぁぁああああぁぁ…」

京太郎「だ、大丈夫か?」

憧「ごめん、ちょっと自己嫌悪」

京太郎「そうか…」

憧「ごめんね、あたし重いよね…」

京太郎「いまさら気にしてないって。それにそれだけ俺のことが好きだってことだろ?」

憧「ふきゅ……まぁそうなんだけど…」

京太郎「じゃあさ、憧がルール…というか基準作ってくれよ」

憧「基準?」

京太郎「こういうことしたら嫌だーとか、これならまだ許すー、とかさ」

京太郎「まず姫ごっこな」

憧「そうね……じゃあ、シズとか咲の頭撫でたりポンポンってするの」

京太郎「おぉ、予想外なのがきたな」

憧「だいたい軽々しく女の子の髪を触るもんじゃないのよ」

京太郎「ふんふむ…わかった、じゃあ憧の髪も――」

憧「あ、あたしのはいいのッ!」

京太郎「わかってるよ」ニヨニヨ

憧「もう、茶化すんじゃないわよ」

京太郎「わるいわるい。で、他にはあるか?」

憧「年上の人にデレデレしない」

京太郎「ぐはァ!」

憧「とくに胸の大きい人」

京太郎「…善処します」

憧「………」ジトー

京太郎「ほ、ほら次つぎ!なんかあるか?」

憧「うーん……手つないだりとか」

京太郎「さすがにそれはいまでもやってないぞ………あっ」

憧「え?」

京太郎「あの~、たとえば向こうからこう、しがみついてきた場合ってのはどうなるんですかね?」

京太郎「優希とか穏乃とか淡とか…」

憧「……やんわり引き剥がせばいいじゃない」

京太郎「それができたら苦労しねぇ…」

憧「な、なんとかしなさいよ」

京太郎「つーかさー付き合ってることバラしちゃえば、向こうもさすがに控えるようになると思うんですけどー」

憧「ぐぅっ…それはそうかもだけど…」

京太郎「まだ無理?」

憧「……ゴメン」

京太郎「そっか…ともかくこんなもんでいいか?」

憧「はぁ…めんどくさいなぁ、あたし」

京太郎「気にするなって言ったろ?別に無茶苦茶なことを言ってるわけでもないんだし」

京太郎「よくテレビでやってる恐妻家とかみたいに、一日のスケジュール管理とか行動を逐一報告しろとか言われたらさすがにキツいもんがあるけどさ」

憧「えっ」

京太郎「えっ」








京太郎「えっ?」

カン