照「む、あそこにいるのは咲か・・・」

咲「ここどこ~?」キョロキョロ

照「どうやら迷子になっているようだな。」

照「・・・私も今現在一人でいるが、断じて迷子ではないぞ。」

照「気分転換に一人で散歩しているだけだからな!」

照「・・・しかし、相変わらずトロイ奴だな。あの様子ではきっと彼氏の一人も―――」

京「お~い咲!」

咲「京ちゃん!」

照「京ちゃん・・・だと!?」



照「あの引っ込み思案な咲が男にちゃん付け・・・しかもあんな親しそうにするなんて・・・」

照「まさか彼氏か!?」

照「あの咲に彼氏だと!?私にもいないのに!?」

菫「やっと見つけだぞ。さあ早くかえ―――」

照「菫!!」

菫「な、なんだ照・・・?」

照「あそこにいる男をどう思う!?」

菫(あそこって・・・確か清澄の大将で照の妹じゃないか)

菫「女のほうではなくてか?」

照「うん!男のほう!」

菫「なぜそんなことを聞くかわからないが・・・見た感じではいかにも軽そうな男だな」

照「そ、そうか?」

照(なるほど、咲は男性に免疫が無いから遊ばれているんだな・・・ふふん、仕方のないヤツだな)

咲「・・・京ちゃん、怒ってる?」

京「なんで俺が怒らなくちゃならないんだ?」

咲「だって、県大会の時も迷ってたし・・・」

京「中学からの付き合いだろ。こんなことで怒ってたらとっくの昔に縁を切ってるよ」

京「まあ皆のところに戻ったら一言謝っとけよ。皆もそれで笑って許してくれるさ」

咲「うん・・・ありがと京ちゃん」

照「良い人だーーー!!」

菫「ほう、人は見かけによらないということか・・・・・・」

淡「先輩方、こんなところにいらしたんですね」

照「淡!!」

淡「は、はい!」

照「あの男をどう思う!?」

淡(あそこにいるのは清澄の大将で、噂では宮永先輩の妹だったような?)

淡「あの女子の方ではなくてですか?」

照「男のほう!」

菫「ちなみに軽そうに見えるが、良い人のようだ」

淡「はあ・・・よく分かりませんが、所詮は男。きっと裏では厚顔無恥な振る舞いをしてるんじゃないですか」

照(多少先入観のある意見だけど一理ある。あの場面だけ見て良い人だと決めるのは早計か)

京「ホテルに帰ったら、ちゃんと対戦相手の牌譜を見とけよ」

咲「うん、京ちゃんが作ってくれたんだよね」

咲「京ちゃんには他にも色々とやってもらっちゃってるよね。掃除とか買い出しとか。タコスを自前で作ってきた時は驚いたよ」

京「県大会の時みたいに走らされるのはごめんだからな。」

京「それに俺だって清澄麻雀部の一員だ。やれることはどんなことでも精一杯やってやるさ」

照「仲間想いだーーー!!」

淡「One for All・・・見上げた心構えですね」

尭深(なんか変な空気だからお茶でも飲んで様子を見てよう)ズズー

照「尭深!」

尭深「気づかれた!」ビクッ!

照「あの男(ry」

尭深「あそこにいるのは清澄のリンシャンマシーン(ry」

尭深「女(ry」

照「(ry」

淡「ちなみに軽そうに見えますが、本当に良い人で仲間想いの方です」

尭深「・・・確かにまじめに雑用をやるのは立派ですけど、裏を返せば向上心が無いということでは?私たちは麻雀部員なのですから麻雀の実力で評価されるべきではないかと」

照(そうだな、居心地の良さに甘えているようでは男としては失格だよな。うん!)

京「牌譜作りで思い出したけどさ。あれって最初は慣れなかったけど、結構勉強になるもんだな。」

京「今年は予選落ちだったけど、来年は俺も選手として全国大会に出てみせるぜ!」

咲「京ちゃんも練習を積んで少しづつだけど強くなってるし、きっと出来るよ!」

照「向上心持ちだーーー!!!」

尭深「目標を定めるだけでなく、ちゃんと努力をしていると・・・当たり前といえば当たり前の話ですが」ズズー

照「誠子はあの男をどう思う!?」

誠子「私まだ、登場の前フリすらしてないですよ!?」

尭深「・・・一応言っておくけど、軽そうに見えて、本当に良い人で仲間想い、その上自分を磨く努力を怠らない人だそうよ」

誠子(この流れは私も何か悪印象なところを挙げなきゃいけないんだよね?でも何を言えば・・・)

誠子「え~と・・・そもそも男でなく女の可能性もあるんじゃないでしょうか?」

誠子「男らしい女性もいますし、千里山女子には男装していた選手がいましたよ」

菫「お前が言うと、説得力があるな」

誠子「ほっといてください」

尭深「でもそれはさすがにありえないんじゃない?」

誠子「私だって本気で言ってるわけじゃないですよ。いきなり振られたから言っただけです」

淡「まあ先輩がそんな話を信じるわけが―――」

照「そ、そうか・・・私は根本的な間違いを犯していたということだな。私もまだまだだな・・・・・」

4人(信じちゃってるよーー!!)

京「県大会もだったけど、周りは女子ばっかりだな。やっぱり男としては肩身がせまいぜ」

咲「・・・本音は?」

京「巫女さんに男装、果ては外人さんと種類豊富でしかもみんなレベル高い!―――って痛い痛いっ!」

咲「ふん!」ギュー

照「やっぱり男だったーーー!!!」

4人(ですよねー)

照「もうダメだ・・・おしまいだ・・・・・」ガクッ

淡「どうしますか先輩方・・・?」

菫「私も長い付き合いだが、ここまでアレな照は初めてだからな・・・・・・」

尭深「落ち着くまで放っておきますか?」

菫「いや、万が一にもこの状態の照が写真を撮られるようなことがあれば、白糸台全体の威信に傷がつく」

淡「あ~、下手な芸能人よりも有名ですからね先輩・・・・・・」

照「・・・・・・何をしているんだお前たち、戻るぞ」スクッ

誠子「あ、復活した。しかも今までの事を無かったかのように振舞ってる」

淡「もう、そういうことにしておきましょう。そうすれば誰も不幸になりませんし・・・・・・」

照(咲・・・女としては負けたのかもしれないけど、麻雀だけは絶対に勝つ!死んでも勝ってやる!!)

菫「まあいつもより気合が入ったということで良しとするべきか・・・しかし・・・」

尭深「しかし・・・?」

菫「あいつが男にこれほど関心を寄せたのは初めてだったと思ってな」

尭深「ラブストーリーは突然に?」

菫「そういうのはせめて大会が終わってからにしてほしいな・・・・・・」

その願いが叶ったかどうかはまた別の話・・・・・・