穏乃「京太郎、おっはよー!」トテテテ

京太郎「おーっす、今日も元気だなお前はー」ナデナデ

穏乃「わ、くすぐったいよー」モゾモゾ

京太郎「ほれほれー」ワシャワシャ

穏乃「きゃー♪」

憧「朝っぱらから何やってんのこのスカタンは」パコンス

京太郎「いってぇ!?」

穏乃「お、やっほー憧!」ビッ

憧「はいおはよーシズ。そんであんたはいつになったら言うことを聞くの?」

穏乃「ぅ?」

憧「『ぅ?』じゃないわよ可愛いわねクソッ!」

京太郎「良かったなー。憧が可愛いってさ」ナデナデ

穏乃「えへー」ニコニコ

憧「だからそれを止めろっつってんでしょーがぁ!」ビュッ

京太郎「はっはー!今度はガードォ!」ぺいっ

穏乃「おぉー!やるね京太郎!」パチパチ

憧「ムカつくわねあんた…」

京太郎「お前はたいがい理不尽だよな」

憧「お前って言うな」

京太郎「はいはいアコスアコス」

憧「喧嘩売ってんの?売ってんのよねそれ?」

京太郎「売ってません。てかなんで穏乃の頭撫でちゃ駄目なんだよ?」

憧「シズもそうだけど、軽々しく頭を撫でるなって言ってんの!髪の毛は女の子の命なのよ!?」

京太郎「わかってっけどさー…」

憧「解ってないから言ってんのよ!それも二人とも!」

京太郎「いやーでも穏乃の頭はつい撫でたくなるっつーか撫でなきゃいけないっつーか…」

憧「わか…るけど!それは解るけど!それでも撫でちゃ駄目!」

京太郎「訳わからんぞ…」

憧「訳わからんくても駄目!」

京太郎「ぅぇーぃ…」

穏乃「ねーねー、それよりそろそろ行かないと遅刻するよー?」

京太郎「えぇ?いつもより早くしてんだからそんなわけ…マジかよ」

憧「はぁ?…ってこれそろそろって言うか走っても間に合うかどうか…」

京太郎「…よし、穏乃」ガシッ憧「え、何いきなり腕つかんで」

穏乃「はいな」ガシッ憧「ちょ、シズ?あんたまで何を」

京太郎「走るぞ」

穏乃「らーじゃ!」ビシッ

憧「え?え?」

京太郎「憧」

憧「え、何?」

京太郎「舌噛むなよ?」

憧「何それどうい「タイムアルタアアアアアアアアア!!!」いいゃぁぁぁぁぁぁぁ!?!?!?」ダダダダダダダ

穏乃「ダブルアクセルウウウウウウウウウウ!!!」ダダダダダダダ

憧「なになになになにこれなにこれなにこれぇぇぇぇぇ!!!!????」ダダダダダダダ

京太郎「だから喋んなって…穏乃!」ダダダダダダダ

穏乃「あいさー!」ダダダダダダダ

京太郎「加速すんぞぉぉぉぉぉ!!」ドドドドドドド

穏乃「振り切るぜぇぇぇぇぇ!!」ドドドドドドド

憧「ぃゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ……」ドドドドドドド

このあと息絶え絶えの憧と妙にすっきりしている穏乃&京太郎の姿を目撃され「今朝はお楽しみでしたね」などとはやし立てられたりするがそれはまた別のお話…
カンッ