京太郎「薄墨先輩、少し遅れましたが誕生日おめでとうございます。これプレゼントです」

初美「まあこのプレゼントに免じて勘弁してあげますよー」

京太郎「ありがたきしあわせ、ところで薄墨先輩?大切なお話が…」

初美「え!?大切な話ですかー!?」

京太郎「ええ、これは18歳という大人になった薄墨先輩にしか出来ないんです!」

初美「わ、私が大人…?京太郎はそんな風に思っててくれてたんですねー」

京太郎「思うも何も事実ですから」

初美(私は一番の脈ナシだと思っていたけどまさかの展開!ここは“オトナ”の余裕で…)

初美「コホン。で、お話ってなんですかー?お姉さんに言ってごらんなさいー」

京太郎「あの、これをお願いします!」

初美「(手紙ですかー、味な真似をしてくれますねー)どれどれ…、なんですかこれ?」

「緊縛!縛られた百合の花園」

「巨乳巫女さん達とHなお清め!悪いモノ以外も出ちゃいます~」

「若女将はおもち狂い!見かけ倒しは誰だ!?」

京太郎「ネットで色々評判を見て厳選に厳選を重ねたんです!俺まだこういうの借りれませんから」

初美「だから、私に借りて来いと…?」

京太郎「あ、もちろんお金は払いますよ!貯金もしてますし」

初美「…」

京太郎「いやー、薄墨先輩だとこういうのは頼みやすくて。これからもよろしく頼みます!」

初美「京太郎のアホー!貧乳ロリ物借りてきてやりますよー!」ダダダッ

京太郎「え、ちょっと勘弁してくださいよー!俺と薄墨先輩の仲じゃないっすかー!」」ダダッ

カンッ