京太郎「年上のお姉さんに『メッ』って叱られるの、凄く良いですよね」

初美「……あー、遂に京太郎の頭がイカれちゃいましたかー」

京太郎「俺は至って正常ですよ?」

初美「少なくとも突然私に振るような話題ではないですよね?」

京太郎「神境の中だと初美さんぐらいしかこの話題を振れる人がいないんです!」

京太郎「頼みます!この通り!」ドゲザー

初美「……そこまで言われたらしょうがないですねー」

初美「まあ、京太郎も男の子ですから色々吐き出したいものもあるってことですかー」ハァ

京太郎「ありがとうございます!」

初美(それだけある意味で特別扱いされてるって考えれば悪い気はしませんしねー)ボソッ

京太郎「あれ?今何か言いました?」

初美「さあ、気のせいじゃないですかー?そんなことより話が先決だと思いますけれど」

京太郎「ああ、そうですね……やっぱり年上のお姉さんに『メッ』て叱られるのは良い物だと思います」

初美「まあ、詳しく聞いてあげますよー」

京太郎「例えば俺が霞さんに何か雑用を頼まれていたとします」

初美「まあ、ありがちな光景ですねー」

京太郎「それでうっかり些細なミスをしてしまうじゃないですか」

京太郎「そこで霞さんに『あらあら……次やったら、めっ、ですからね?』なんて感じで優しく怒られたら、もう最高ですよ」

初美「あー、何か霞ちゃんらしい気はしますねー」

初美「というか多分京太郎とか姫様相手だったら、やってもおかしくないんじゃないですかー?」

京太郎「小蒔さん相手にやってるのは見たことがあるんですけど、俺にはやってくれないんですよね……」

初美(そもそも京太郎は雑用とか失敗しないからじゃないですかねー)

京太郎「あ、そういえば小蒔さんもやってくれそうですよね」

初美「起きている時だったら多分やってくれるんじゃないですかー?」

京太郎「流石に寝ている時に怒られたら洒落になりませんって」

初美「この前は久々に九面の神々も荒ぶってましたからねー」

京太郎「まさか全自動麻雀卓がふっ飛んでくるとは思いませんでしたよ……」

初美「それを受け止める京太郎も十分化け物地味てますけどねー?」

京太郎「いやぁ、俺中学までハンドボールやってたんで」

初美「それにしたって限度はないんですか」

京太郎「巴さんには、少しきつく怒られた後に『めっ』ってされたいですね」

初美「巴ちゃんはあくまで条件付きなんですかー」

京太郎「勿論優しく怒ってくれるのも良いですし、それだけでも十分嬉しいんですけれど」

京太郎「霞さんや小蒔さんが優しい分、厳しめに怒ってくれそうなのが巴さんですから」

京太郎「厳しさの中に優しさがある、というのがギャップもあって一番好印象じゃないかと」

初美「……うー、悔しいですけれど何だか分かるような分かりたくないような」

京太郎「まあ、永水の年上の皆さんだとこんな感じですかね」

初美「……ん?」

京太郎「やっぱり『めっ』って怒られるのはある意味ロマンですよ、ロマン」

初美「きょ、京太郎、ちょーっと待ってくれませんかー?」アセッ

京太郎「?どうしました、初美さん?」

初美「年上のお姉さん、誰か忘れてません?」

京太郎「え?えーと、小蒔さんに霞さんに巴さんに……あ!」

初美「」ホッ

京太郎「そういえば春も一応年上だったな、すっかり忘れてた……」

初美「」

京太郎「んー、でも春に怒られるなんてこと、滅多にないからイメージし辛いというか」

初美「……」

京太郎「あ、でも普段の会話で『~~したら、めっ、だからね』とか言われるのは中々……」

初美「……どーせ」

京太郎「はい?」

初美「どーせ私は年上に見えないですよー!」ゴゴゴゴゴゴ

京太郎「わ、ちょ、ここで力を解放しないで下さいって!」

初美「滅ッ!」ゴッ

京太郎「のわあああああああああああああ!!」









初美「良かったですね京太郎、年上のお姉さんに『めっ』ってして貰えましたよー」ニッコリ

京太郎「」チーン

カンッ