心配性のどっち


――合宿・くつろぎ中

京太郎「お、珍しい。テレビでハンドボールの試合やってるぞ」

和「本当ですね・・・須賀君、ハンドボールが好きなんですか?」

京太郎「まあ、中学ん時やってたからな。結構上手かったんだぜ?」

和「そうなんですか・・・」

京太郎「おー決まった。すげージャンプ力。カッコいいな、やっぱ」

和「!ダメです須賀君!」

京太郎「な、何が!?」

和「早まってはいけません、そんな・・・『ハンドボール打法』なんて!」

京太郎「・・・はい?」

和「勝てないからと言ってイロモノに走ってはダメです!」


灼「・・・!」

玄「どったの?灼ちゃん」

灼「なんか馬鹿にされた気が・・・」

京太郎「違うから!何だよ『ハンドボール打法』って!」

和「大丈夫ですよ、須賀君は私が立派なデジタル雀士に育て上げて見せますから!」

京太郎「え、その方向性に決まっちゃってんの?」

和「・・・でももし、もし・・・須賀君が飛び上がりながらツモ牌を叩きつけたいと言うのなら・・・涙を呑んで私は退きます・・・」フルフル

京太郎「わかったよ!普通に打つって!なぜ泣く!」

久「チャンネル変えていい?」


カン