初美「京太郎ー」

京太郎「どうしたんだはっちゃん」

初美「前から思ってたんですけど、どうして私だけタメ口なのですか?」

京太郎「春にだってタメ口だけど?」

初美「私は年上なのですよー?」

京太郎「そういうことはその背と体型をなんとかしてからにしようぜ」

初美「……ちょっと屋上に来いなのですよ……久しぶりに切れちまったです」

京太郎「古き良き日本家屋に屋上なんてあるかよ」

初美「じゃあ表で」

京太郎「ならせっかくだしどっか行くか」

初美「デートですか?」

京太郎「そうそう」

初美「……これはちょっと予想外ですねー」

京太郎「だって今日は誕生日だろ?どうせ俺への用事もプレゼントの催促だろうし」

初美「うぐ……」

京太郎「夜はどうせみんなで集まるし、昼ぐらいだったらごちそうするよ」

初美「京太郎……」

京太郎「にしても、今年で何歳だっけ?10くらい?」

初美「京太郎!」

京太郎「はは、冗談冗談。まずは着替えようか。その格好じゃちょっとな……」

初美「なにかおかしなところでも?」

京太郎「……いや、出かけるなら巫女服より私服だろ?」

初美「それもそうですねー。じゃあ着替えてくるからおとなしく待ってるのですよ」

京太郎「はいはい」


カンッ