久「須賀君、ちょっとしたボランティアをしてみない?」

京太郎「ボランティア?別にいいっすけど、ごみ拾いとかですか?」

久「そんな疲れさすようなものじゃないわ

ちょっと朗読してほしいだけよ、ほらコレ」


京太郎「赤ずきんちゃん……?」


久「そっ、ちょっとした幼稚園とかでやるような人形劇のお芝居用の音声よ

知り合いに探してほしいて頼まれていてね、できれば男の子の声がいいって言われたから」


京太郎「それで俺に、と…」

久「突然だけど、やってくれるかしら?」

京太郎「勿論っすよ!子供達のためならやらせてください!」

久「イエス!」グッ

京太郎「あはは、大げさに喜びすぎですよ先輩……で、どこで収録するんですか?」

久「ああ、ここでいいわよ

はい、このマイクに吹き込んでね」

京太郎「わかりました、じゃあ早速……」


久「あ、ところでひとつ注文があるんだけど、おばあさんに化けた狼の台詞あるでしょ?

あそこはなるべく色っぽく言ってほしいのよ」

京太郎「色っぽく、ですか……?」

久「ああ、ほら…ええと、あれよ

女の子を誘い込もうとしている悪い奴を表現するなら、そういう演技がいいって事でね」

京太郎「ふーん、なるほど……わかりました」

久「んじゃ、よろしく~」


京太郎「ああ、緊張するな~…

でも、俺の声で子供達が喜んでくれるならやるしかないな、よし!

こほんっ


昔むかしあるところに………」


久「(しめしめ……)」ニヤリ

…………

カチッ


『お前の声がよく聞こえるように、さ…』

『お前の姿がよく見えるように、さ…』

『お前を…強く抱きしめるためさ』

『お前を……食べるためさ!』


カチッ


久「いかがですか?狼になった須賀君の音声は…

短いものではありますが、実に妄想広がる色気のある声と台詞じゃありませんか!
目覚まし時計の声に使うなり、安眠CD代わりに使うなり、夜のおかずに使うなり、好きにしてください!」


ネリー「さあ、その声を録音したテープ!今なら一個千円だよー!買った買ったー!」



優希「あ、アイツの声で抱きしめるとか…そ、そんなの反則すぎ………買わなきゃ馬鹿だじぇ!!」

和「はいっ、一万円!お釣りは結構です!!」

照「ちょっとそこのまな板どいて、京ちゃんのテープ買えない」

咲「もうっ、お姉ちゃんこそ絶壁のくせに邪魔しないでよ!」

透華「キエェェーーー!全部キャッシュで買いますわぁぁーーー!!」

衣「一つ買ってみんなで聞けばいいと衣は思うのだが…」

美穂子「いいおかずがあるって聞いてきたけど…これ食べられるのかしら?」

佳織「ど、どうしよう…気づいたら三つ買ってた……うぅぅ、奪い合いが始まっちゃうよぉ…」

豊音「夜のおかずって、京太郎君の声でご飯食べるってことかな……うん、いけそうだよー!」

白望「逆に眠れなくなるかも…ダルい、でも買っちゃう…」

洋榎「うおー!人が多すぎて腕がワゴンまで届かんー!絹ー!」

絹恵「はいよお姉ちゃん!肩車作戦やー!」

怜「竜華ー、ウチらもあのアホ姉妹と同じのいくでー」

竜華「よっし、怜!乗りぃ!」

春「京太郎に黒糖のように食べられる夢が見れるなら……」

淡「あ、あわわわ…か、買っちゃった…////」

憧「な、なによこんなの…ずるいわよ…買うしかないじゃない…!」

穏乃「うーん、私はいいや…聞きたくなったら京太郎の家に乗り込むし」

洋榎「やいやい!いまのウチが先に手つけたやろー!」ビシビシ

怜「ウチが先やー」バシバシ

……

久「なんか騎馬戦始める人らもいたけど、何とか無事に終わったわね」

ネリー「やったやった、これで大儲けだよ!

ありがとね、久」

久「な~に、話を持ちかけてきたのはそっちじゃない

この商法でまた須賀君になんらかの声を録音させて売り出せば……」

ネリー「想像しただけで笑いがとまらないや…ネリリ…」

久「ヒササ…」

ネリー「ネェーッリッリッリッリッリィーー!」

久「ヒィーッサ……」


バタンッ


まこ「そこまでじゃ!」

智葉「全員膝をつけー!」チャキッ

久「チッ、思ったより早く勘付かれたか!笑わせてくれたっていいじゃないの!」

ネリー「逃げるよ久!」



まこ「待てー!」

智葉「今度という今度は許さんぞ!」




まこと智葉の懸命の追跡も甲斐なく、ヒッサとネリーは姿を消した

この日、会場内で売買された京太郎のテープは100本を超えていたという…




京太郎「それにしても人形劇って、どこの幼稚園でやったんだろ…俺も見に行きたかったなぁ」


カンッ