京太郎(あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!)

姫子「これなんてどうですか?」

哩「う~ん…私はこっちのがよかと思うけんど…」

京太郎(親父のTUTAYAのカードでAVレンタルしようとしたら18禁コーナーに部活の先輩がいた。な…何を…)

姫子「ばってん、これこの前のやつじゃなかとですか?」

哩「あっ、先週借りたやつか…」

京太郎(ここは明日またあらためて出直すとすっか!須賀京太郎はクールに……)

哩「あっ、京太郎……」

京太郎(見つかったああぁぁぁぁぁ!!)

姫子「きょーたろーもAV借りに来よると?」

京太郎「あは…あはは……」

京太郎(うえぇぇぇぇぇ!?なんで2人はこんな平然とした反応なの!?)

哩「なら3人で借りてこれから一緒に見っか?」

姫子「いいですね!それならお金も節約できますね!」

哩「っちゅーこってこれから京太郎の家で鑑賞会すっぞ!」



<アンアン!イヤアァァ!

姫子「わぁ…手錠ば使って拘束されてこげんこと…//」

哩「私はもっときついほうばよかかな…」

京太郎(なんでこんなことに…美人の先輩2人とAV鑑賞とか罰ゲームなのかご褒美なのかわかんねぇ…)

<オラオラモットコエダセヨォ!

哩「おしりばそげん真っ赤になるまで叩かれるなんて…」ブルッ

姫子「私もご主人様にあげな風にしてもらいたいですよ…」チラッ

京太郎(うーん…でもちょっと過激すぎてなぁ…軽い手錠や目隠しくらいなら興奮するんだけどこれは…)

哩「うわっ…大きかなぁ…//」

姫子「後ろから強引に…これはよかね…//」

<ウッ…フゥ…

哩「いやぁ、これは当たりやったな!」

姫子「はい!すごく良かったですね!」

京太郎(いやいや、あれだけハードな内容を良かったってどんだけ……)

姫子「きょ-たろーもそう思うやろ?」

京太郎「そっ…そうですね…」

哩「うそやね…」ジーッ

京太郎「ほっ、ほんとですよ…?」

姫子「なら何できょーたろーばチ○コ勃起させとらんのや!」

哩「そいとも大きくしてもテント張らんくらいん短小なんかっ!」

京太郎「はーっ!?短小じゃないですし!めっちゃでかいですしっ!」

哩「ならなしてでかくなっとらんのや!」

京太郎「あそこまでハードなSMは趣味じゃなくて興奮できなかっただけですけど…」

姫子「やったら部長と一緒にSMの良さ教えちゃる!」ガチャン

京太郎「ちょっ!なんで手錠なんて持ってるんですか!?」ガチャガチャ

哩「よし、じゃあご自慢の巨根ば見せてもらうからな!」ズルッ

姫子「わぁ…さっきの男優よかずっと…//」カァァ

京太郎「やめろっ!この変態どもがっ!」

哩「口答えも今んうちだ…こん薄汚いチ○コにSMん良さ教えちゃる」

姫子「本来うちらはMやけどしかたなか…今日はS役やっちゃる!」

哩「おらぁ!返事はどした!」ベチッ

京太郎「痛っっ!」

姫子「わあっ!叩かれてもっと大きくなりましたね!」コスコス

京太郎「あっ…」ビクン

哩「こら姫子!飴はまだ早かぞ!」

姫子「すいません、虐められてるきょーたろーばすっごくかわいくて!」

京太郎「うぅ…」グズッ

姫子「そげな顔しても駄目やけん」

哩「朝になるまでたっぷり調教がしたるけん、覚悟しい!」

カン!