怜「りゅうか~、ひざまくら~」

竜華「はいはい、しゃあないなー」

怜「あ~極楽や~」

京太郎(今園城寺先輩のパンツチラッと見えた!穿いてたんだな…)

セーラ「なにアホみたいに鼻の下伸ばしとんねん」

京太郎「ええちょっと今いいものを見させてもらって…、って江口先輩!?」

セーラ「なんや人をバケモンみたいに」

怜「あ~、京太郎見えた~?なんならもっとサービスしたるで~」

竜華「なんやったらうちのも見るか?」

京太郎「い、いいえ!俺買い出し行ってきまーす!」

怜「あらら~、逃げられてもうたな~」ニヤニヤ

竜華「ホンマこっちからモーションかけたらウブ丸出しやんなー」ニヤニヤ

セーラ「…」

部活終了後部室

京太郎「はぁー、今日はあの二人にしてやられた感があったなぁ。もしかして最初から計算してた?」

セーラ「京太郎」

京太郎「あ、江口先輩お疲れ様でした」

セーラ「帰る前にちょっとええか?」

京太郎「え!?きょ、今日のあれは決してワザとでは無くてですね…」アセアセ

セーラ「別に締めるつもりやあらへんからそないビビらんでもええわ」

京太郎「で、ではどのようなご用件で?」

セーラ「あーえっとな?やっぱ男って見たいんか?その、女のパンツって//」

京太郎「男としてはやっぱりスカートからチラッと見えるところにロマンを感じますね!」

セーラ「ア、アホ!いきなり語るなや!//」

京太郎「あ、スイマセン!江口先輩はなんとなくそういうの言いやすいんでつい!」

セーラ「ったく、俺かて女なんやからデリカシーってのをやな…//」

京太郎(普段は女扱いしても怒る癖に)

セーラ「なんや、文句あるんかいな」

京太郎「いえ、なんにもございませんですはい」

セーラ「フン、まあええわ。それでその、スカートじゃなきゃダメなんか?」

京太郎「え?」

セーラ「例えば俺がこの短パンを下ろしたら、嬉しいか?//」

京太郎「江口、先輩…?」

セーラ「俺な、実は前からお前のことが好きやったんや」

京太郎「ま、待ってください!ズボンに手をかけないでー!」

セーラ「恥ずかしいけど京太郎が喜ぶんなら俺//」

京太郎「ちょ、誰かこの人止めてー!?」

この後悲鳴を聞きつけた千里山メンバーより、晴れてエロセーラの称号を進呈されたセーラが毎日のようにエロ系アタックを繰り返すのは別の話

カンッ