久「須賀くんも男の子だから、ヒーローに憧れたりすることもあるわよね?」

京太郎「まあ……ないって言ったら嘘になりますね」

久「『離しなさい!卑怯じゃないの!』」

京太郎「おー、ありますねぇそういうセリフ」

久「『須賀くんはどうなってもいいから!だから私を離しなさい!』」

京太郎「ちょっ!ひでぇっすよ!」

久「そう?じゃあ須賀くんがさっきの私みたいな感じでやってみて」

京太郎「えっ?あの……部長?」

久「須賀くん、やってくれるわよね♪」

京太郎「えーい、ヤケだ!『俺はどうなってもいい!だから、部長を早く離せ!』」

久「『ダメよ須賀くん!私のことは気にしないで!』」

京太郎「お、展開が綺麗な流れになってきましたね」

久「『私は、保険に入ってるから!いろいろオトクなヤツだから大丈夫なの!』
で、このへんで龍門渕さんのところの保険会社の名前を私と須賀くんで読み上げる!」

京太郎「えっ?えっ?CMキャラやるんですか?えぇっ!?」