京太郎「んー…」ムクッ

京太郎「ふ、わぁぁぁぁ…ぁぁ…」ノビー

白望「すぅ…すぅ…」

京太郎「…」ナデナデ

白望「ん…んん…すぅ…」モゾッ

京太郎「時間は…八時か。そろそろ起きないとな…」

白望「すぅ…すぅ…」

京太郎「シロさん、シロさーん。朝ですよー」ユサユサ

白望「んんー…」モソモソ

京太郎「朝で…す…」ユサユサ

白望のおもち「」たふんたふん

京太郎「…ぉー」ユッサユッサ

白望のおもち「」たふんたふん

京太郎「…」ユサユサモミモミ

白望「んっ、んぅ…?京…?」

京太郎「あ、おはようございますシロさん」モミモミ

白望「うん…おはよう…」

京太郎「朝ですけど…んっ」

白望「ぷはっ…もう一回戦、したいの?」

京太郎「ちょっとムラッとしまして…駄目ですかね?」

白望「ダルい…」

京太郎「…そうですか」

白望「…ふふ」チュッ

京太郎「んむっ」

白望「冗談。いいよ…その代わり」

京太郎「わかってますよ。朝ご飯、あーんで食べさせてあげます」ギュッ

白望「ん…」

京太郎「んじゃ、行きます…」グッ

白望「ん…あっ♪」ピクッ
………
……

京太郎「ふー…ごっそさん、と」カチャッ

白望「…京」

京太郎「はいはい。食器、片付けてからやりましょう」カチャカチャ

白望「…ダルいなぁ。まぁ、いいけど…」スクッ
………
……

京太郎「ふー…」ナデナデ

白望「…」ダルーン

京太郎「どんな感じですかー?」ナデナデ

白望「ん…なかなかダルくない…」

京太郎「そですか」ナデナデ

白望「ん…」ダルーン

京太郎「しかし…俺で充電したいって…身体かたくないですか?」ナデナデ

白望「んー…確かに少しかたいけど…」ギュッ

京太郎「けど?」

白望「…京の身体だから、すごく落ち着く」

京太郎「…そっすか」ナデナデ

白望「ん…ふわぁぁぁ…」

京太郎「あれ?あくびってことは…あんまり眠れませんでした?」

白望「そんなじゃないけど…昨日は一日中ぶっ続けだったし…」チラッ

京太郎「う」

白望「誕生日は家で二人でゆっくりしたい…って言ったら急に襲いかかってくるし…」

京太郎「い、いや、だって寝起きに抱きつきながら言われたら…そりゃねぇ…」

白望「休憩したいって言ったら…明日は日曜だから大丈夫って…」

京太郎「あの時のシロさんの涙目は到底我慢できるもんじゃなかったんですって…」

白望「…朝も、起こしながら寝込み襲おうとするし…というか襲ったし…」

京太郎「や…でも朝はシロさんも乗り気だったじゃないっすか!」

白望「否定はしないけど…そもそも襲われなかったらしなかった…」

京太郎「ぐう」

白望「だから…代わりに今日はゆっくり…ふわぁ…」

京太郎「…少し寝ます?」

白望「ん…このまま、良い…?」

京太郎「ええ、もちろん。誕生日に加減できなかったお詫び…ってのも変な話ですけど」ナデナデ

白望「別にいい…とりあえず、おやすみ…」

京太郎「えぇ、おやすみなさい」ナデナデ

カンッ







翌日

白望「…ということが」

塞「…胡桃ー?」

胡桃「ばっちりオッケーだよ!」

豊音「ねーねー、何時まで耳ふさいでればいーのー?」

エイスリン「マダー?」[(`・ω・)ノシはよはよバンバン]

胡桃「あぁ、もう終わったから良いよ」

豊音「はーい」

エイスリン「ユルサレタ!」

京太郎「あのー、それで何で俺は正座させられて」「うるさいそこ!」「ウィッス」

塞「それで…どうしたもんかねぇこのモンキー二人は…」

白望「え、何で私も…」

胡桃「そりゃ…ねぇ?」

塞「お猿についていってる時点で…ねぇ?」

白望「…ダル」

豊音「お猿さん?」

エイスリン「ニンゲンハモンキーニハカテナイ!」

京太郎「逆じゃないっすかねそれ」

白望「少なくとも京の性欲にはかなわなかっ…」

胡桃「シャラーップ!」べちーん

白望「へぶっ」

塞「ま、そもそもどうするっつっても何もすることはないけどねー。あ、でも場所は考えてよ?この部室やらで盛られちゃ気まずいってもんじゃないよ?」

京太郎「…ソッスネ」フイッ

白望「…ダル」フイッ

塞「おい。おい、なにそのいかにもなごまかし。こっち向いてちゃんと答えなさいよ。ねぇ」

京太郎「…もういたしませんです、はい」

塞「もうってことは既にやっとんかい!」

白望「…若気の至り」

胡桃「おだまり!」

エイスリン「ヤル?」

豊音「やる…食べさせあいっこかなぁ?」

エイスリン「イイネ!」

豊音「そうだったらちょーうらやましいよー」ニコニコ

塞「君にあれを汚す度胸は」

京太郎「ありません。すみませんでした」ゲザァ

塞「本当にお願いね…絶対もうしないでよ…」ハァ

白望「…嫌よ嫌よも」

胡桃「あ゛?」

白望「ダル…」ゴロン

エイスリン「モシカスルト…コレカモ!」[抱き合って眠ってる絵]

豊音「はわわわ…ちょー大人だよー…」キラキラ

モイッコカンッ