塞「みんなプレゼントは用意した?」

豊音「バッチリだよー」

胡桃「こういうのはちゃんとしないとね」

エイスリン「コレ!」

塞「この絵……」

胡桃「プレゼントはいいけど……」

豊音「男の子だね」

塞「シロにちょっと似てるけど、なにこれ?」

エイスリン「サプライズ!」

胡桃「そっくりさんを連れてくるってこと?そんな都合よくいくわけ……」

エイスリン「ダイジョブ、サッキツカマエタ!」

塞「は?」

胡桃「へ?」

豊音「わぁ~」

エイスリン「フフン」

――――――


京太郎「こんにちわ、須賀京太郎です」

京太郎「ネトマのフレンドに会いに来た岩手で、なぜか女の子に囲まれてます」


塞「たしかに似てるわね、彼」

胡桃「生き別れの弟って言われても違和感ないね」

豊音「離れ離れになった兄弟の再会なんて良い話だよー」

塞「いやいや、まだそうだって決まったわけじゃないから」


京太郎「居心地が悪い……」

エイスリン「~~♪」

京太郎「外人さんか……言葉通じるのかな」

エイスリン「ワタシlisningトspeakingバッチリ。ドロブネノッテ、マカセテ!」

京太郎「あはは……(不安だ)」

エイスリン「ン」

京太郎「握手してる絵?ああ、そうだよな」

エイスリン「AislinnWishart、ヨロシクネ!」

京太郎「俺は須賀京太郎、よろしく」

胡桃「あ、抜け駆けはダメだよっ」

塞「私は臼沢塞、よろしくね弟くん」

豊音「姉帯豊音だよ、仲良くしようね弟くん」

胡桃「鹿倉胡桃、シロの弟だからって甘くしないんだからね!」

京太郎「俺に兄弟なんていないんですがっ!?」

――――――


胡桃「ここが私たちの学校だよ」

塞「宮守女子高校にようこそ」

豊音「歓迎するよー」

京太郎「ここが宮守……あの、トシって人知ってます?」

塞「うちの麻雀部の顧問だけど……知り合いなの?」

京太郎「ネトマで知り合って、遊びにおいでって」

胡桃「へぇ、熊倉先生の知り合いなんだ。シロのそっくりさん」

京太郎「そっくりさんて……そもそもシロって誰ですか」

エイスリン「コレ!」

京太郎「なにこのたれパンダみたいなデフォルメ」

塞「見ればわかるよ」

――――――


白望「ダル……」

京太郎「……すげぇ、おもちがテーブルに押し付けられてつぶれてる」

胡桃「むっ、邪な気配」

豊音「シロ、来たよー」

塞「今日は特別ゲストもいるんだから」

白望「その人?逆ナンでもしてきたの?」

胡桃「エイちゃんが捕まえてきました」

エイスリン「シロ、ソックリサン!」

白望「んー」

京太郎「……どうも」

白望「……自分じゃよくわからないかな」

エイスリン「……orz」

塞「あちゃー、サプライズ失敗かぁ」

豊音「でもまだプレゼントが残ってるよー」

胡桃「ほら、エイちゃんも用意する」

エイスリン「ソウダタ、プレゼント」

塞「じゃあ、みんな一斉に」


「「「「誕生日、おめでとう!」」」」


白望「……ありがと」

胡桃「あ、シロ照れてる」

白望「ダル……くないね」

豊音「みんな仲良しだよー」

京太郎「そして俺の場違い感よ」

京太郎「プレゼントなんて用意してないしな」

京太郎「なんとなくあの輪の中には入りがたい……」


白望「君、背高いね」

京太郎「え、ああそれなりには。つっても俺より高い人がすぐそこにいるんですけど」

白望「ちょっとこっちに背を向けてしゃがんで」

京太郎「こうですか?」

白望「それじゃ……んしょ」

京太郎「この感触は……!」

白望「背中広いんだね。これもダルくない」

京太郎「おもち……!」

塞「うぇっ、シロ……初対面の人におぶさるって」

胡桃「くっつきすぎ!」

エイスリン「ナマケモノ!」

豊音「二人も仲良しさんだね」


トシ「おや、みんなもう集まってたのかい」

塞「先生、おはようございます」

トシ「おはよう。それで、あの金髪の子は?」

塞「ネトマで先生と知り合ったって言ってましたけど」

トシ「ああ、じゃあ彼が京太郎くんだね」

トシ「ちょうどいいねぇ。それじゃあ彼も入れて誕生パーティーを始めようかね」


カンッ