白望「知ってる?京太郎って胸弄るのすっごい上手なんだ…」

塞「へぇ…まるで弄られたことがあるみたいな言い方じゃない…」

京太郎「いや、弄ったことなど…」

塞「京太郎くんは黙っててっ!」ビシッ

京太郎「アッハイ」

白望「京太郎はハンドボールやってたって知ってた?」

塞「へぇ…そうだったんだ」

白望「だからボールみたいに私の胸も上手に扱ってくれて…塞の胸じゃ無理かな?」タユン

京太郎(揺れたシロのバストは豊満であった…)

塞「わっ、私だって平均より大きいんだけど!」

白望「でも私よりは小さい…だから京太郎にふさわしいのは私ということで…」

塞「でもおしりなら負けてないよ!」ビシッ

白望「負け惜しみを…ダルいなぁ…」

塞「この前は私のおしりにあんな弄り回して…//」

白望「京太郎…?」

京太郎「いえ、そっちは本当に弄ってなんて…」

塞「京太郎は私のおしりを弄り回した、OK?」

京太郎「OK!(ズドン)」

塞「ほら、京太郎君もこう言ってるでしょ?」

京太郎「はっ!つい反射的に…」

白望「むう…ならもう一度京太郎の体に教え込んであげる…」ヌギヌギ

塞「そうね、私のおしりの気持ちよさを教えてあげないと…」ヌギヌギ

白望「京太郎が私に夢中になって一人寂しくなると思うけどごめんね?」

塞「こっちこそ京太郎がおしり派になっちゃうけど悪く思わないでね?」

京太郎「だめだ、7時半にカラテの稽古があるの!付き合えないぞ」

塞「今日は休め」

白望「さあ…ダルいから早く始めよう…」ガチャガチャ

京太郎「アバーッ!」

カン!