玄「それでねーお姉ちゃんが~」

京太郎「へぇー」

憧「アンタらまたおもち談義してるの?ほんと飽きないわね…」ハァ

京太郎「失礼だな憧!流石にいつもおもちの話してるわけないだろ!」

玄「そうだよ憧ちゃん!私達を一体何だと思ってるの!?」プンスコ

憧「少なくても一般人ではないわよ…それじゃあ何の話してたのよ」

京太郎「姉談義!」

玄「ですのだ!」フンス

憧「姉談義ぃ~?玄はわかるけど…京太郎って姉弟いたの?」

京太郎「言ってなかったか?ほいこれ写真」つスマホ

憧「あー確かに似てるかも…っていうか綺麗な人ねー…」

京太郎「ん?それは遠まわしに俺の顔が整ってるって」

憧「いっ、言ってないからっ!!///」ウガー

京太郎「く゛ろ゛さ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ァ゛ァ゛ん゛!!!」ヒシッ

玄「憧ちゃん!京太郎くんをいじめるのはやめるのです!」メッ

憧(なんか最近京太郎が玄や桜子みたいになってる気がするんだけど…)

憧「悪かったわよ京太郎…それでアンタらは自分たちの姉の話してたわけね」

京太郎「ああ!実はお互い共通点があってな!」ケロッ

憧(この立ち直りのはやさ…やっぱり似てきてるわね…)チラッ

玄「つい熱くなっちゃったよ」エヘヘ

憧「この人と宥姉の共通点?何それ?」

憧(確かに二人とも美人だけど…)

京玄「「だらしない!!」」

憧「」ズコー

京太郎「俺の姉ちゃんいつも『ダル…』とかいってそこら辺ゴロゴロしてる人でさ、自分じゃ何もしようとしないんだ…

けど介護欲が湧いてくるというか…何故か世話焼きたくなっちゃうんだよ!なんだこれ!」

玄「わかるわかる!お姉ちゃんも1人じゃ何もできない人だからつい世話焼いちゃうんだよね!

ほんとは『これじゃあいつまでたっても自立しないから止めろ』ってお父さんに止められてるけど…」

京太郎「あんな宥さんお世話するしかないじゃないですか!」

玄「そうだよね!お世話するしかないよね!」

ピシッ!パシッ!グッグッ

京玄「「イェイ!」」パァン

憧(な、何この息の合い様……)

宥「わ……私ってだらしない子……?」プルプルプル

玄「何言ってるのお姉ちゃん!お姉ちゃんはそんなお姉ちゃんだから良いんだよ!」

京太郎「そうですよ!宥さんはそのままの宥さんでいてください!」

宥「あ、あったかー……い?」


<ヤイノヤイノ

憧(あー…そういえば京太郎ってこういうヤツだったわね…)ハァ

憧(しっかし、ほんとに似てるわねー…京太郎とこの人

ちょっと会ってみたいなぁ…挨拶もしないといけないし…

ん?挨拶?)

憧「ふきゅ」

京太郎「ん?今へんな声が聞こえたような…」

憧「き、気のせいでしょ…///」

玄「そうだ!憧ちゃんも望さんというすばらな姉がいるのです!」

京太郎「そう言えばそうですね!じゃあ憧も姉談義に参加できるな!」

憧「え、えっ!私は別に…」

玄「さぁ」ガシッ

京太郎「さぁさぁ」ガシッ

憧「いやぁぁぁぁぁぁーーーーーー……」ズルズルズルズル

宥「わわっ!みんな待ってー」トテトテ



白望「むむっ」ピーン

胡桃「シロ?どうしたの?」充電中

白望「いま遠くにいる京からラブコメ臭がした…」

エイ豊「「キョウ?」」

塞「シロの弟君のことだよ」つ写真

豊音「わー…ちょーかっこいいよー…」

エイスリン「ニテル!」つイケメンの絵

白望「みんな…京は渡さないよ…」グテー

塞「誰もそんなこと言ってないじゃない」フフフ

胡桃「相変わらず弟離れできてないね」クスクス

白望「………ダル」

白望(……久しぶりに会いたいな…)



京太郎「ん?」

玄「京太郎くん?」

京太郎「……なんでもないです。話を続けましょうか」ニコッ

玄「うん!」

京太郎(……今度会いに行こうかな)

カンッ!



おまけ

玄「京太郎くんのお姉ちゃんって…」

京太郎「はい…」

玄「相当なもの持ってるね…写真からでも私はわかるよ…」

京太郎「着痩せするタイプなんで…実際はこの一回り程大きいですよ」ヘッヘッヘ

玄「……ふぅ~むなるほどなるほど…なるほど~…」ヘッヘッヘ

憧「結局おもち談義じゃない!」バチコーン

京太郎「ぐへぇ!」床ビターン


もいっこカンッ!