トシ「できたよ塞、モノクル型媚薬銃さ

ボタンを押せば媚薬が塗られた針が飛び出す仕組みだよ」


塞「ありがとうございます!」

トシ「懐かしいねぇ、私も媚薬を秋一郎に盛ったもんさ…あれは忘れもしない3年前の事だった……」

塞「よーっし、これで京太郎を性獣サンダーライガーにしてやるー!」

トシ「くれぐれも悪用するんじゃないよー……ちょっとあいつに電話してみようか」




京太郎「えーっと…初代ゲー○ボーイここだったかな~…?」ガサゴソ


塞「いた!

ま、まったく京太郎め……
そんな締まったお尻をこっちに向けながら物を探すなんて…
本当に無防備なんだから…!

変態が通りかかったらどうするのよ

そうなる前に私がこれで…」ピピピ…


パシュッ



京太郎「ないなぁ~…ん?」プスッ


塞「やった!命中だ!さあ今いくからねきょうたろ…」



白望「京太郎…あった?
早くあれで六つの○貨やりたいんだけど

……京太郎?」



塞「ゲェーーッ!?なんでシロがいるのよーーー!!」



京太郎「ふしゅ…ふしゅる……」ゴゴゴゴゴ…

白望「……?」


京太郎「うおおおおーーーー!!シロさーーん!!」グアッ

白望「わ」


塞「あぁぁーーっ!!コッ、コラァァーーー!!そっちじゃないでしょうがぁぁーーーーー!!!」



京太郎「シロさんシロさんシロさぁぁーーん!!」チュチュチュチュチュチュチュ

白望「何か知らないけどラッキー…んっ」


塞「くぉるらぁぁっ!!京太郎ぉっ!!」

白望「いいところにきた塞…この状況を写メで撮ってみんなに送信して」

京太郎「シロさんシロさんシロさんシロさん!!」チュチュチュチュ

白望「あっ…もっと…下の方もお願い……」

京太郎「シロさんシロさんシロさんシロさんシロさんシロさん!!」チュチュチュチュチュチュ

塞「ギー○かお前は!!いいから離れろぉっ!!」グイグイ

白望「無駄だよ塞、愛し合う二人は誰にも引き剥がせない…」ギュウゥ

塞「うわぁぁーーん!なんでこうなるのぉぉーーー!!」ビエーン


京太郎「シロさんシロさんシロさん」カチャカチャ

白望「わ、いよいよだね……塞、ビデオの準備は?」

塞「………するか!んなもぉぉーーん!!!モノクルナックル!!!」ボゴッ

京太郎「ぐはぁっ!!」ドサァ


白望「………塞、よくも私の旦那を」ゴゴゴゴゴ

塞「………シロの旦那だなんて認めてないから」ゴゴゴゴゴ


京太郎「うぅ~ん…お、俺は一体……あれ、なぜズボンが」

白望「……京太郎」ゴゴゴゴゴ

塞「……気がついたんだ」ゴゴゴゴゴ


京太郎「」


記憶がない+先輩二人+半脱ぎのズボン=!?


京太郎「だっ、だれかぁぁーーー!襲われるぅぅーーー!!」


白望「」ガーン

塞「ちょっ!?」



二人は声を聞きつけてやってきた胡桃たちに取り押さえられたが、

白望は証拠不十分となり釈放

一方、塞は改造モノクルが決定打となり、御用となった

この件について彼女は「ただ京太郎に抱かれたかっただけ」と供述し、泣き出したという


だがその後、白望はこの事件で京太郎との仲がより深まったという理由から塞の弁護に立つことにした

しかし、嫉妬に狂った胡桃と豊音とエイスリンによる裁判は長期戦は必至であろう


…そしてその夜、トシさんと大沼プロは夜の街に消えていった


カンッ