京太郎「……部長って足綺麗ですよね」

久「……はい?」

―――

久「……いきなり何を言い出すのかしらこの子は」

京太郎「いやぁ、暇なもので」

久「暇だからっていきなりそんな言葉が出てくるのはおかしいでしょう」

京太郎「ふと思い出したんですよ。この前風の強い日あったじゃないですか」

久「あったわね。一週間くらい前だっけ」

京太郎「そん時部長の長いスカートがまくれて太ももがちらっと見えたんですよ」

久「……何見てるのよ」

京太郎「まぁまぁ。で、そん時見た部長の足が綺麗だな~って」

久「いや、まぁ、言われて悪い気はしないけど……ホント唐突ね」

京太郎「会話なんて大概唐突なもんでしょう。話し始めに天気のこととか話すのも脈絡ないですしね」

久「いやそれとこれとは別な気が……」

京太郎「というわけでそのお御足もう一度拝見させてください」

久「……須賀君、あなた馬鹿でしょ?」

京太郎「自分の欲望に忠実なだけです」

久「はぁ……」

久(須賀君になら別に見せても……いや、流石に自分でスカートをまくるのはちょっと)

久「ん~……あ、そうだ」

京太郎「? なんですか? 早く見せて下さいお願いします」(土下座)

久「……流石に土下座までされると引くんだけど。ま、まぁ? そんなに言うんだったらひざ枕くらいして上げてもいいわよ?」

京太郎「ひ、ひざ枕ですか!?」

久「ふふ、日頃私達のために働いてくれてる須賀君にご褒美をあげましょう」

京太郎「うっひょ~! 今まで部長やタコスにこき使われて和には冷たくされて最近は麻雀打つどころか存在すら薄まってきたんじゃねあれ何で俺麻雀部にいるんだろうって自問自答しつつ頑張ってきたかいがあった!!」

久「う、そこまで不満貯め込んでたのね……ごめんなさい」

京太郎「部長のお御足でひざ枕してもらえるなら不満なんて吹き飛びますよ!」

久「そ、そうかしら? ほら」ポンポン

京太郎「失礼させていただきます!」ポフッ

久「……」

京太郎「……」

久「……どうかしら? 私のひざ枕」

京太郎「……」

久「……な、何か喋ってよ須賀君」

京太郎「部長、ひざ枕をしてもらう時はね、誰にも邪魔されず自由でなんというか救われてなきゃあダメなんです」

久「だからって……」

ガチャ

久「!?」

咲「あ、え……京ちゃんと部長がひざ枕してる……え、な、なんで? どうして? どういうこと!?」

京太郎「……」

久「み、宮永さん、これは違うのよ!」

咲「何がどう違うんですか? どこからどう見たって純正完璧完全無欠文句なしにひざ枕じゃないですか」ゴゴゴゴ

久「あ、う……す、須賀君からも何か言って! 早く!」

京太郎「咲」

咲「何かな? 京ちゃん」ニコォ

京太郎「お前もひざ枕してもらってみ?」

久「「え?」」

京太郎「いいですよね? 部長」

久「え、いや、私は別に構わないけど……」

京太郎「ほら、咲」

咲「え、え~と? し、失礼します?」

久「ど、どうぞ」

久「……」

咲「……(あ、すっごいやわらかくてそれでいて適度に弾力があって。それにいい匂い……)」スリスリ

久「あ、こら! 頭すりつけないの! くすぐったいでしょ」

京太郎「あ、咲ずるいぞ! 俺だって!」スリスリ

久「す、須賀君まで! ん、ちょっと……いい加減に」

ガチャ

和「え、咲さん? それに須賀君も、一体何を……?」ゴゴゴゴ

久「!? あ~もう、またややこしい事に!」

名前:
コメント: