京太郎「…」ズズーッ

トシ「…」ズズーッ

京太郎「…ふーっ」コト

トシ「…ふーっ」コト

京太郎「…先輩達、泣いてましたね」

トシ「…そうだね。それだけ学生生活が充実してたんだろうさ」

京太郎「…そうですね。皆で全国に行けたんですから」

トシ「…ああ。私も指導した甲斐があったってもんさ」

京太郎「…でも」

トシ「…うん?」

京太郎「…やっぱり、寂しくなりますね」

トシ「…そうだねぇ」

京太郎「…先輩達はたまには顔出すって言ってくれましたけど」

トシ「…普段は、私と京太郎の二人っきり、だねぇ」

京太郎「…新学期に誰か入ってきますかね?」

トシ「…さあねぇ…。豊音達が居なくなっちまったからねぇ」

京太郎「…俺が、もっと活躍できてれば…」

トシ「…ああ、ごめんよ。そういう意味で言ったんじゃないんだ」

京太郎「…いえ、俺こそ愚痴っちゃって」

トシ「…」

京太郎「…お茶のおかわり煎れてきます」

トシ「…ああ。頼むよ」

トシ「…」ズズーッ

京太郎「…」ズズーッ

トシ「…ふーっ」コト

京太郎「…ふーっ」コト

トシ「…よし。練習しようか」

京太郎「え?」

トシ「去年の夏は豊音達を優先させて、京太郎は雑用が多かったからねぇ…。罪滅ぼしってわけじゃないけど、今年は京太郎をしっかりみてあげようじゃないか」

京太郎「トシ、さん」

トシ「…さっ!練習始めようか?」

京太郎「…はい!…それと、トシさん」

トシ「うん?」

京太郎「来年は男女でインターハイが狙えるように、今年の夏は俺がインターハイで活躍してみせます」

トシ「…おやおや」

京太郎「だからーー」

トシ「じゃあ、私も指導頑張らないとねぇ」

京太郎「…!はい!ご指導よろしくお願いします!」

カンッ