清澄麻雀教室久編

久「始めるわよー」

京太郎「うっす!よろしくお願いします!」

久「じゃあ、スジとか基本的な事から勉強していきましょうか」

京太郎「へ?」

久「どうしたの?」

京太郎「い、いえ何でもないです」

京太郎(部長が真っ当に基礎固め、だと…!)

久「須賀くん…顔に出てるわよ?」ジトッ

京太郎「えっ!?」ビクッ

久「全く、何事も基本は大事よ?だってーーー」

京太郎(益々真っ当、だと…!)ムムム

久「知らないと裏もかけないもの」フフッ

京太郎「あ、良かった。いつもの部長だ」ホッ

久「さようなら」

京太郎「申し訳ありませんでした!」ドゲザー







授業中

久「一・四・七(イー・スー・チー)、二・五・八(リャン・ウー・パー)、三・六・九(サブ・ロー・チュウ)これが基本中の基本よ。必ず覚えなさい」

京太郎「はい」カキカキ

久「例えば相手の捨て牌に一・四が捨ててあった時は七はほぼ通るわ。逆も同じよ」

京太郎「ふむふむ」カキカキ

久「まあ、私の場合あえて待ちが悪い方を選ぶから、私相手だと当たるかもしれないけどね」

京太郎「えっ!?じゃあ、どうすれば良いんですか!?」

久「そこはまあ、他家の捨て牌見たり、嫌な予感がしたらあえて本命を切ったりね」

京太郎「えーっ…それって結局、勘って事じゃないですか?」

久「勘も馬鹿にできないわよ?今までの経験からくる統計だもの。だから、経験を重ねれば精度が高くなっていくわ」

京太郎「経験ですか…」

久「ネトマとかで実戦を積むのも経験よ?」

京太郎「なるほど」フムフム

久「まあ、結局は運だけどね?」

京太郎「元も子もねぇっ!?」

結論:蘊蓄交じりに指導してくれますが、弄られます

カンッ