清澄麻雀教室優希編

優希「…」モグモグ

京太郎「…」ペラッペラッ

優希「…」ゴックン

京太郎「…」パタンッ

優希「よし、始めるじぇ!」

京太郎「おう!頼むぜ!」

優希「じゃあ、早速ネトマで打ってみるんだじぇ!」

京太郎「あれ?これ(教本)は使わないのか?」

優希「実戦に勝る教訓無し!ただし、相手はCPUで一局毎に反省会だじぇ」

京太郎「おおっ…!」

優希「ん?どうした?」

京太郎「い、いや、何でもない」

優希「?」

京太郎(言えない…予想以上にまともだったから驚いたなんて…)







ネトマで対局中

京太郎「うーん…」カンガエチュウ

優希「…」モグモグ

京太郎「…よし!これだ!」カチッ

優希「!」ゴック…

ロン!

京太郎「げっ!」

優希「っ!っ!」ムネタタキムネタタキ

リーチ、タンヤオ、ピンフ、サンショク、イーペーコー、ドラ2!バイマン!

優希「っ!っ!」ゴクッゴクッ

京太郎「ぎゃーっ!ラス転落かよ!」

優希「…ぷはっ。アホーっ!リーチかかってんのに生牌切る奴があるかーっ!」

京太郎「うぉっ!?」ビクッ

優希「しかもあんな捨て牌が幺九(ヤオチュウ)牌ばっかなのにど真ん中切るとか!驚き過ぎてタコスが喉に詰まったじょ!」

京太郎「い、いや、でも、俺もあがれそうだったし…」

優希「相手にあがられたら役満テンパイだって意味ないじょ!」

京太郎「ごもっともです…」ガックシ

優希「京太郎はまず、スジや裏スジから勉強しないと駄目だな」

京太郎「よろしく頼みます。優希様」ハハーッ

優希「うむ!任せとけ!」

授業終了

優希「よし!今日はここまで!」

京太郎「疲れた~」グターッ

優希「では、最後に」

京太郎「ん?」

優希「締めのタコスを食いに行くじょ!」

京太郎「まだ食うのかよ!」

結論:指導はしてくれてるが、経費として授業前・中・後用のタコスが必要

カンッ