清澄麻雀教室和編

和「それでは、始めます」キリッ

京太郎「おう。よろしく」

和「須賀くん」ギロッ

京太郎「え?」

和「人に物を頼む時は、お願いします、では?」ジトッ

京太郎「うっ…お願い、します」タジッ

和「はい。では、始めましょう」ニコッ

京太郎(可愛い。けど、細かい…)







授業中

和「この場合、三萬を切るのが一番待ちが広くなるように見えますが、他家の捨て牌を見るとーー」ペラペラ

京太郎(難しい…)ムムム

和「よって、ここではシャンポン待ちにとらず、その後のツモに期待する形でーー」ペラペラ

京太郎(え?シャンポン待ち?…って何だっけ?)

和「次に、どんな形の和了を目指すかですがーー」

京太郎(ちょっ!?もう次の所に行ってる!?)

京太郎「ご、ごめん和!」

和「はい?」ピタッ

京太郎「えーっと…シャンポン待ち?って何だっけ?」

和「須賀くん…」フーッ

京太郎「うっ…」

和「予習してきて欲しい、と言った資料に書いてあった筈ですよ?」ジトッ

京太郎「ご、ごめん…」

和「…もう、しょうがないですね。じゃあ、基本的な待ちの形について一から復習しましょう」

京太郎「え“?」

和「どうしました?」

京太郎「い、いや一からじゃなくても今の所だけ教えてくれれば…」

和「それではまたわからない所が出て来るかも知れません。基本的な所だからこそ、しっかり勉強しないと」キリッ

京太郎「うっ…」

和「はい、それでは資料の3ページからーー」

京太郎(…今度からちゃんと予習して来よう)

結論:良い意味でも悪い意味でも真面目過ぎて厳しい

カンッ