咲「京ちゃん、今日家に泊まりに来て?」

京太郎「は?どうしたんだよいきなり」

咲「いいから!」

京太郎「ははぁ~ん、怖い夢でも見たんだろ?」

咲「…」

京太郎「図星かよ」

咲「だって、お父さんも今日は急な出張でいないし」

京太郎「別に俺じゃなくても和や優希でも誘えばいいじゃねえか」

咲「二人とも今日はダメみたいで、京ちゃんにまで見捨てられたら私…」

京太郎「ああもう、分かったよ!」

咲「ありがとう京ちゃん!」

その夜

京太郎「あれ、俺の分の蒲団は?」

咲「一緒に寝るんだからそんなのいらないでしょ?」

京太郎「お前な、男にそんなこと言うなよ…」

咲「京ちゃん以外にこんなこと言わないから平気だもん」

京太郎「ったく、じゃあ怖がりなお姫様に添い寝してあげましょうかね」

咲「えへへ」

京太郎「ところで、どんな夢見たんだ?」

咲「うぅ、話さなきゃダメ?」

京太郎「人呼びつけといてそりゃねえだろ?」

咲「…私がね、一人ぼっちになっちゃう夢」

京太郎「一人ぼっち?」

咲「和ちゃんも優希ちゃんも、部長も染谷先輩も、京ちゃんもお父さんも誰もいないの」

京太郎「怖いか、それ?」

咲「怖いよ、なにをやっても誰も反応しないって」

京太郎「そっか、まあ夢の話してもしょうがねえや」

咲「そっちから振ってきたのに!?」

京太郎「俺てっきりお化けに襲われる夢とかだと思ってたから期待外れだったし」

咲「酷いよ京ちゃん!」

京太郎「はいはいおやすみー」

咲「…もう!おやすみ!」

数十分後

咲「うぅ~ん、いや、いやぁ…行かないで…」

京太郎「同じ夢でも見てんのか、うなされてっけど」

咲「お願い…京ちゃ…」

京太郎「しゃあねえな、本当に」ヨシヨシ

咲「あ、えへへ…zzz…」

京太郎「なでただけでこれとかチョロすぎるぜ咲…」






翌朝

咲「京ちゃん、今日は最終的に皆が戻ってきてくれる夢を見たよ!」

京太郎「そっか、よかったな」

咲「京ちゃんのおかげだよ、本当にありがとね」

京太郎「じゃあ、今日はレディースランチでも奢ってもらおうかな」

咲「しょうがないなぁ。あ、でも」

京太郎「?」

咲「また怖い夢見たら嫌だから、もう少しだけ添い寝してね?」

カンッ