全国大会個人戦前夜

咲「…遂に明日か」

咲「お姉ちゃんと仲直りして、また一緒に…」

咲「っ!?」チリッ

咲「…まただ」

咲「…お姉ちゃんのこと考えると、女の子が…」

咲「…あの子は誰?」

咲「…私、どうしちゃったの?」

咲「…怖い。怖いよ…」

ピロリーン♪

咲「っ!?」

咲「…メール?あ、京ちゃんからだ…」

差出人:京ちゃん
件名:咲へ
本文:
明日からいよいよ個人戦だな。
最前列確保して応援するぜ。
頑張れ、咲





咲「京ちゃん…」

咲(…何も)

咲(…何も、知らない、癖に)ギリッ

咲「……」ピッポッ

プルルルルーーーカチャッ

京太郎『もしもし?咲か?どうした?』

咲「…京ちゃん」

京太郎『ん?』

咲「…京ちゃんは、いいよね…」

京太郎『は?』

咲「…無関係でいられて」

京太郎『…えっ?』

咲「…京ちゃんは応援してるだけで良いもんね?」

京太郎『…咲?』

咲「…不安になることなんて無いもんね?」

京太郎『さ、咲?』

咲「ーーっ!なのにさ!何!?あのメール!?」

咲「何も知らない癖に!私が明日の試合にどんなつもりで挑もうとしてるかなんて知らない癖に!」

咲「頑張れ!?無責任なこと言わないでよ!」

咲「京ちゃんにはわかんないよ!」

咲「京ちゃんなんかには何にもわかんないよ!」

京太郎『っ!?』

咲「…あっ…」

咲(……………)

咲(…私、今なんて言ったの?)

咲「…あ、ああっ…」

京太郎『………』

咲(…何も知らない?)

咲(…何も言わなかったのは私なのに?)

咲(…無関係?)

咲(…京ちゃんが皆の為に頑張ってるの知ってるのに?)

京太郎『…咲』

咲「っ!」

ピッ

ツー、ツー、ツー…

咲「…」

咲「…最っ低」ボソッ

咲「…私、最低だ…」








全国大会個人戦当日

咲(…昨日はあの後、殆ど眠れなかった)

咲(…頭が重い)

咲(…今日は大事な初日なのに)

咲(…京ちゃんには八つ当たりしちゃうし、本当最悪…)

咲「ぁっ…」

京太郎「…」スタスタ

咲「…京、ちゃん」

京太郎「…おはよう、咲」

咲「…う、うん。おはよう」

咲(…京ちゃん)

咲(…謝らないと)

咲(…京ちゃんに、謝らないと)

京太郎「…咲」

咲「きょ、京ちゃん、昨日はごめーー」

京太郎「悪かった!」ガバッ

咲「…えっ?」

京太郎「本当にごめん!無神経だった!ごめん!」

京太郎「そうだよな…。お前がどんなに凄い奴でも、不安を感じないわけじゃないんだよな…」

咲(…なんで)

咲(…なんで、京ちゃんが謝ってるの?)

京太郎「ずっと近くに居たのに、お前の不安に気付けなくてごめん…」

咲「っ!」

京太郎「ごめん…」

咲「…違う」

京太郎「え?」

咲「…違う…違うの!」

咲「謝らなきゃいけないのは私なの!」

咲「私、不安で、京ちゃんに八つ当たりしちゃったの!」

咲「酷いこといっぱい言ってごめんなさい!」

咲「京ちゃん…ごめんね…」

咲「ごめん、なさい…」グスッ

京太郎「…」

咲「…」グスッグスッ

京太郎「…咲」ギュッ

咲「っ!?…京、ちゃん?」

京太郎「やっぱり、俺が悪い」

咲「え?」

京太郎「ごめん。お前がこんな風になるまで気付けなくて」

咲「っ!?違うよ!京ちゃんに何も言わなかったのは私だもん!私が悪いんだよ!」

京太郎「それでも、だよ。ごめんな気付いてやれなくて…」ナデッ

咲「京、ちゃん」グスッ

咲「ぅっ、ぇ」ポロッ

京太郎「ごめん、咲」ナデッ

咲「うぇぇぇん!」

咲(それから、泣き疲れた私は、昨日眠れなかったのもあってか、選手呼び出しのアナウンスがあるまで京ちゃんに抱き着いて眠っていた)

咲(時間としては短かった)

咲(でも、不思議と頭の重さも不安も消えていた)

咲(まだ、怖いのは残ってる、けど)

京太郎「咲」

咲「なに?京ちゃん?」

京太郎「…楽しんでこい!」

咲「!うん!」

咲(きっと大丈夫)

咲(京ちゃんに力を貰えたから!)

カンッ