ゆっくりと目覚めかけた意識にいつも違う情報がはいってくる

京太郎(??……なんだろう?柔らかくていい香りが……)

照←京太郎の隣で気持ち良さそうに眠っている

京太郎(?!??!なんで?なんで?どうして?

オレ、ヤッちゃった!?いや、寝間着を着てるからそれはナイ……はずだ!?)

照←京太郎に抱きつきとても、嬉しそうな寝顔をしている

京太郎(……うわぁ……考えても分からんから起こして聞かなきゃいけないんだが……

コレ、起こすって……気持ち良さそうに寝てるから……なんか罪悪感が……)


照←夢がいい場面になったのかちょっとだらしない寝顔

京太郎「オレが……こんなにも焦ってるのに……この人は……

ちょっと!起きろ!おい、照さん!」

照「ん~~?なに、京太郎?」

京太郎「とりあえず、おはよう照さん

聞きたいことがあるんだよ、なんでオレのベッドにはいってんの?」

照「順番に説明するね

まずね、今日のデートが楽しみで早く起きたから、京太郎を迎えにきたの

それで、合鍵で玄関を開けてお家に入ったの」

京太郎「うん、まずは家にいる理由は分かった」

照「そして、京太郎のところに着くと気持ち良さそうに寝てたの

それを見てたら、ワクワクしすぎて早く目がさめたことで、少し睡眠不足なのに気がついた」

京太郎「……なんか、そこまで楽しみにしてくれてるって聞くと……その、アレだ……照れるな」

照「その照れた顔とか可愛くて好きだよ

で話を戻すね、照れた顔と同じくらい好きな寝顔があって

睡眠不足な私、寝たくなってもしかたないわけ

さらに、寝てるときも京太郎といれるように考えて添い寝しようって、なっていっしょに寝てたの」

京太郎「……ごめん、面と向かって言われて……少し顔赤くなってると思うから、恥ずい」

照「大丈夫、私も恥ずかしい……」

京太郎「あ~もう!付き合い始めに戻ったようなむず痒さだよ!」

照「でも、京太郎……この先を考えると……慣れないとね」

京太郎「あぁ……とりあえず、顔洗ってメシ食ってデートだ!

いっしょに寝るのは別のときに考える!」

照「……そうだね、じゃあ今日はこのあとのデートに集中しようね」