穏乃「憧ー、今日暇?」

憧「我ながら悲しいけどその通りね」

穏乃「じゃあ放課後に松実旅館に集合!プレゼントとかも用意してるからさ!」

憧「あのねぇ、そういうのって普通本人には隠すもんじゃないの?」

穏乃「そうなの?」

憧「ま、あんたをメッセンジャーとして送りつけるあたり、隠す気はないってところね」

穏乃「うん、憧の誕生日をみんなで祝おうって……あ、京太郎もいるよ!」

憧「げっ」

穏乃「どしたの?」

憧「どうしてあいつも呼んだのよ!」

穏乃「だって麻雀部の一員だし、それに京太郎だってすごく張り切ってたよ?」

憧「う……でもあいつスケベだし」

穏乃「そうかなぁ?一緒にいると楽しいと思うけど」

憧「はぁ!?いつも人の胸元見てニヤニヤしてるやつと!?」

穏乃「玄さんや宥さんにはそうだけど、憧のはため息つきながら見てるよ?」

憧「胸ばっか見てるのは変わんないでしょうが!」

穏乃「憧は気にし過ぎだよね。私はそんなの気にしたことないよ」

憧「それはあんたの胸にとっかかりがないからでしょ」

穏乃「動き回る時に邪魔だしね!」

憧「……あんたがそれでいいならいいんだけどね」

穏乃「ねぇねぇ、行こうよー」

憧「わかったわよもう……ただし!あいつが変なことしてきたら蹴りだすからね!」

穏乃「憧も素直じゃないなぁ……なんだかんだで結構京太郎と一緒にいるのにね」

憧「なにか言った!?」

穏乃「なんでもないよー」



――――――


京太郎「それで、どうしてこうなった」

憧「あははははっ!なーにしけた顔してんの、よっ」

京太郎「うわっ、酒くさ!」

穏乃「……ZZZ」

玄「うへへへへ、おもちおもち!」

宥「ふやぁあん!」

京太郎「誰だよ酒なんて持ちこんだの……みんな酔っぱらってるよ」

京太郎「唯一の大人は部長に連れてかれていつの間にかフェードアウト」

京太郎「くそっ、俺も酔っぱらってたら向こうのおもちに飛び込んでいくのに……!」

憧「なぁに見てるのよぉ」

京太郎「別に……ってお前まだ飲む気かよ!?」

憧「ミカンジュースのどぉこがいけないって言うのよぉ?」

京太郎「そりゃジュースじゃなくって立派な酒だろ!あーもう、こっち寄こせ!」

憧「いやっ」

京太郎「そんな駄々っ子みたいな言い方してもダメだ!」

憧「う~~!じゃああんたが飲んでよ!」

京太郎「なんだそれ!?」

憧「なによぉ、あたしの酒が飲めないって言うの!?」

京太郎「お前今酒って思いっきり言ったよな!?」

憧「じゃあこっちにだって考えがあるんだからっ」

京太郎「会話成り立たねえなこれ。ああ、そんな一気に飲んだら――んむっ!」

憧「~~ぷはぁ……どう?おいしい?」

京太郎「お、おまっ、今口移しっ!」

憧「あははははっ、顔真っ赤!」

京太郎「う、うるしぇえ……あれ、なんか視界が……」ドサッ

憧「一口でダウンとかよっわ!」

京太郎「お、ぼえてろよ……ZZZ」

憧「寝ちゃった……つまんない、あたしも寝よ」

憧「ちょうどここに抱き枕もあることだしねぇ……えへへ、きょうたろぉ~」


カンッ