望「憧ー、いまから京ちゃんとデート?」

憧「うん、今日晩御飯いらないから」

望「そっかそっか。はいこれ誕生日プレゼント」

憧「ありがとー…って昨日くれればよかったじゃない」

望「いやーみんながいる前でってなんか恥ずかしくってー(棒読み)」

憧「随分軽いのね。箱?」

望「あ、それいま開けちゃダメよ。京ちゃんと一緒に開けてね、絶対にね」

憧「へ?うん…わかったけど……??」

望「それじゃ早く行った行った!京ちゃん待ってるわよ!」

憧「別にそんなに急いでないんだけど……いってきまーす」




ピンポーン
京太郎「はーいはいはい」

憧「やっほ」

京太郎「いらっしゃい…って早速つけてくれたんだな」

憧「うん!ね、どうかな?」

京太郎「おぅ、似合ってるぞ!」

憧「京太郎の割りにはセンスいいの選んだわね」

京太郎「俺はお前が好きそうなの選んだだけだよ。気に入ってもらえたみたいで良かった」

憧「うん、一生大切にするね」

京太郎「一生て…そんなたいしたもんじゃないし、誕生日プレゼントならこれまでもあげたことあるだろ?」

憧「これは特別なの。京太郎が恋人としてくれた初めてのプレゼントだもん」ニコッ

京太郎(…かわいい)

京太郎「ま、まぁそこまで喜んでくれれば俺もあげた甲斐があったよ」

京太郎「っと、いつまでも立ち話もなんだ、部屋行こうぜ」

憧「あ、その前にカピと遊びたい」

京太郎「じゃあ俺、先に部屋行ってるぞ?」

憧「うん、すぐ行くから」


<ホレカバンワタセ
<アサンジャナイワヨ
<ンナコトシネーヨ
<カピーオイデー
<キュルル





憧「まったく…相変わらずごちゃごちゃしてるわね」

京太郎「これでも軽く片付けたんだけどな」

憧「ねぇ、なんか新しいの出た?」

京太郎「えぇっと…これくらいだな。前の刊いるか?」

憧「うん、ありがと」

京太郎「俺はウイイレでもやってよ」

……………………
………………
…………

京太郎「なー憧ー」

憧「んー?」ペラ

京太郎「今日どこ行くー?」

憧「んー…あ、久しぶりにカラオケとか行きたいかもー」ペラリ

京太郎「んじゃあそうするかー」

憧「そうだ、お昼なんだけど」ペラ

京太郎「どっか適当に入ればいいだろ。行きたいとこあるか?」

憧「うん、フリペに載ってたパスタのお店」ペラリ

京太郎「場所わかる?」

憧「大丈夫、ちゃんと持ってきてるから」ペラ

京太郎「相変わらず用意のいいことで」

憧「終わりっと」パタン

京太郎「こっちももう終わるし、ぼちぼち行くか」


憧「あ、そーいえば…」

憧「お姉ちゃんからプレゼント貰ったんだけど、アンタと一緒に開けろって言われてて」ゴソゴソ

京太郎「ふ~ん、なんだろうな?」

憧「これなんだけど…」

憧「なにこれ?」

京太郎「!!?」ブフォッ

憧「極薄?0.02ミリ?」

憧「ッッッ~~~~~~!!??!?」//////

憧「ななななななななななによこれ!!なに考えてんのよお姉ちゃんなに考えてんのよォ!!!!」////////

京太郎「なにって、そりゃナニだろ…」

憧「どうしよう京太郎これ!ねぇ京太郎どうしよう!!」

京太郎「落ち着けって。まぁ…なんだ、持っとけばいいんじゃないか?その…つ、使うときまでさ」///

憧「ふきゅ」///////

京太郎「…お前、顔赤すぎ」

憧「きょうたろうだって…」

京・憧「「……………」」

京太郎「…なんか言えよ」

憧「……これ、京太郎が持ってて!」

京太郎「俺が!?なんで!??」

憧「だって………っと……うの…こだし………」ボソボソ

京太郎「聞こえないって」

憧「つ、使うのきっとここで、だし」////

京太郎「ッ!」

憧「ぅぅ………」////

京太郎「わかった。じゃあ…ここにしまっとくから」

京太郎「…はじめてのときに、使わせてもらおう」

憧「他で使っちゃやだよ?」

京太郎「他なんてあるわけないだろバカ」

憧「ぅん…」ギュッ





憧「ただいま~」

望「あら、おかえり」

憧「あ!ちょっとお姉ちゃん!なんなのよアレは!!」

望「使った?」

憧「つつつつ使うわけないでしょ!?なに言ってんの、ホントありえない!」

望「いらなかったら返してくれてもいいわよ?」

憧「べ、べつにいらないとは言ってないし…」ゴニョゴニョ

望「そっか」ニヤニヤ

憧「なに笑ってんのよ、もう!」

望「無くなったら次は自分たちで買ってね」ニヤニヤニヤ

憧「ふっ、きゅぅぅぅぅ…………」

憧「お姉ちゃん!」

望「うん?」

憧「あ、ありがとッ!」ドヒューン

望「どういたしまして」フフッ


カン