スサノオのヤマタノオロチ退治がペルセウス型神話と呼ぶと聞いて思いついたネタ

ペルセウスはギリシア神話の英雄である

ペルセウスの偉業

『怪物と戦って姫を助け出す』という逸話は神話の定型とされる

だが、この神話には裏の側面が存在する

ペルセウスが討伐した怪物、メデューサは元々、女神アテナの嫉妬により怪物にされた哀れな女神である

そして、ペルセウスはそのアテナから助力を受けてメデューサを討伐した

つまり、見方を変えたなら、ペルセウスは

加害者であるアテナから助力を受け、

哀れな女の首を跳ね、

その首を使って姫を助け出した簒奪者なのだ

そして、須賀京太郎はこの悪の側面を色濃く発現させた子であった

京太郎は奪う

討伐した、つまり勝利した女の異能を奪い、己の物とする

それは、英雄の悪性そのもの

故に、その異能は神代に、九面の総力を持って封じられ、須賀の家は神境を追われた

その封印が解かれる日は…

「…姫様?」

「…京太郎?」

近いのかもしれない

カンッ