京太郎「」チーン

初美「見事に飛びましたねー」

巴「まぁ相手が姫様だから…」

小蒔「……すぅ……すぅ…」

霞「小蒔ちゃん?もう終わったわよ?」フフフ

春(………そういえば…)

春「………」クイクイ

霞「ん?どうしたの?」

春「……確か京も姫様みたいに神様を降ろすことができるって聞いた」

小蒔以外「「「「」」」」ピクッ

春「…できるの?」

京太郎「あー…まぁ…一応できるけど……」

春「?」

霞「え、えーっと……」メソラシ

巴「…その、はるる?実は…」

春「??」

初美「いいじゃないですか京太郎。一度はるるに見せてあげるといいですよー」

京太郎「え”っ?」

巴「は、はっちゃん!?」

初美「はるるも知っておいたほうがいいと思いますよー。京太郎が神様――素戔嗚尊様を降ろしているところ」

小蒔「---スヤァ」

初美「それに姫様も打ち足りないみたいですしねー」

霞「……それもそうね。京くん、いい機会だしやってみせて」

京太郎「………マジですか?」

霞「大丈夫。対局が終わったらすぐに祓ってあげるから」

京太郎「はぁ…わかりました…」ハァ

巴「はるる、何があっても驚かないようにね?」

春「???」


京太郎「会いたかった…会いたかったぞ!ガンダム!!」


京太郎「よもやまた君に出会えようとは。乙女座の私にはセンチメンタリズムな運命を感じずにはいられないな」フフフ


京太郎「いざ尋常に、勝負ッ!!!!!」ゴッ



春「」ポロッ



京太郎「切り捨て…ごめええええええええええええええええん!!!!」ダァン!


京太郎「ツモォ!敢えて言わせてもらおう!国士無双(グラハムスペシャル)であると!!」バララッ


京太郎「今日の私は……阿修羅すら凌駕する存在だ!!!」クワッ



春「」ポカーン

霞「は、春?大丈夫?」

春「な、何これ……?」

霞「私達にもよくわからないけど…小蒔ちゃんが神降ろしをすると眠っちゃうのと同じ…かしら?

元々麻雀で神降ろしをするのは好きじゃない上にこんな風になっちゃうから京くんは滅多にしないのよ…」

春(よかった…自覚はあるんだ……)ホッ

初美「うぅ…やっぱこの時の京太郎は滅茶苦茶強い上にやかましいですよー…」

巴「ていうか京くん水瓶座じゃ……」

京太郎「聞く耳もたん!!」

巴「ええええっ!!?」ガビーン

小蒔「すぅ……すぅ……」スヤスヤ

京太郎「あぁ!抱きしめたいなガンダム!!まさに眠り姫だ!」

春「………ガンダム?」

霞「多分小蒔ちゃんのことだと思うけど……」

春「………抱きしめたいって」ムー

霞「あら?妬いてるの?」クスクス

春「………さすがにあの状態の京に抱きしめられるのは…」

霞「……そうね」


京太郎「この極みにある勝利をッ!!」ゴッ


この後、同点だったが席順で姫様に負けた京太郎がセプクしようとしたとかなんとか

カンッ!