咲「あ、鼻血出てきた」

京太郎「いきなりだな。ちょっと待ってろ、今ティッシュを……」

咲「京ちゃん」

京太郎「なんだ?」

咲「舐めて」

京太郎「……はい?」

咲「舐め取って」

京太郎「馬鹿なのかお前は?あ、あったあった」

咲「舐めていいよ」

京太郎「遠慮するよ。ほら、拭き取るぞ」フキフキ

咲「一度拭き取ってからなんてマニアックだね」

京太郎「だから舐めねぇよ。まだちょっと出てるな」

咲「京ちゃんの舌で止血して」

京太郎「ティッシュを丸めて……ほれ」ズボッ

咲「あ、太いのが入ってきた……///」

京太郎「そのまま暫く入れてろ。あ、やべ、俺も鼻血出てきた」

咲「京ちゃん」

京太郎「ん?」

咲「はい」ズボッ

京太郎「……なぁ、咲」

咲「なに?」

京太郎「唇がくっついてるのはおいといてやるが、お前の鼻栓の出てる部分を俺の鼻に突っ込んだのはどういう趣向だ?」

咲「鼻血を止めてあげようと……」

京太郎「残念ながら出てるのは逆の穴だ」ツー…

咲「Σ(゚Д゚)」

カンッ!