京太郎(出身地とはいえ、地元をすこし外れれば、そこは未知の土地だ)

京太郎(さて、蕎麦かラーメンか……)

華菜「そーば、そーば!」

美穂子「一緒に外食なんて久し振りね」

華菜「みんなわかってないし!みんな監督につられてラーメンだなんだって……」

美穂子「あら、私と二人じゃ嫌だった?」

華菜「そ、そんなことないし!むしろ願ったり叶ったりだし!」

美穂子「ふふっ、ありがと」

京太郎(あれ福路さん?蕎麦を食べに行くのか。よし、蕎麦だな。となれば……)

美穂子「ここ美味しいのよ」

京太郎(うむ、知らない店だが、佇まいから美味さが伝わる。ここは良い店だ)

店員「いらっしゃいませー、こちらへどうぞー」

京太郎(混みすぎず、空きすぎず、空気もいい。店内にもだしの香りが漂っている)

久「あら、美穂子?」

美穂子「上埜さんも来てたんですか」

久「せっかく教えてもらったから、まこと一緒にね。いまお手洗いに行ってるけど」

京太郎(うえの?げ、部長だ!染谷先輩も来てるって言ってたけど……)

まこ「ふぅ……ん?」

京太郎「!?」メニューサッ!

まこ「……鴨せいろがオススメか」

京太郎(先輩たちの席から離れてて安心してたら、導線的にお手洗いに行かれたらバレる……)

京太郎(そういや、鴨せいろがオススメって……おお、確かに文字面といい、写真といい、美味そうだ。いやはや、口と腹がもう鴨になってしまった)

京太郎「すいません、この鴨せいろ下さい」

店員「かしこまりました。あちらに蕎麦湯がありますので、ご自由にどうぞ」

京太郎(蕎麦湯か……鴨せいろで蕎麦湯?いやしかし、勧めてくるぐらいだ、それも乙なものなんだろう)

久「まこは何にする?」

まこ「鴨せいろじゃ」

久「美穂子は?」

美穂子「私は天ざるを」

華菜「華菜ちゃんは普通にもり蕎麦だし!」

久「なんだご飯もの私だけ?」

まこ「何にしたんじゃ?」

久「天丼」

店員「お待たせしました。鴨せいろです」

京太郎(おお、この香りと存在感!まさに蕎麦界の飛車角!では!)

京太郎「いただきます」

京太郎(ほぉ……この鴨の油が醤油のコクと相まって、さらに鰹のだしが調和して、深みのある濃厚な味が、信州そばの香りを喉に運んでくれている!)

京太郎(鴨肉と一緒にネギを……うん、ネギ、いい仕事してる!鴨肉との相性は抜群だ!)

京太郎「ズル、ズル、ズズ……!ふぅ……」

京太郎(喉に蕎麦が通るたびに、幸せが胃袋に入っていく……)

京太郎(ふぅ、食ったな。しかし、お楽しみはこれからだ!)ガタッ、トンッ

京太郎「ああ、すいません……ん?」

桃子「いえ、こちらこ……あれ?」

京太郎(たしか鶴賀の)

桃子(たしか清澄の)

二人(同類っ!)

京太郎「……」スッ

桃子「……」スッ

京太郎(まさか東横さんに会うとは。だが今は蕎麦湯に集中するんだ。蕎麦湯を飲むんだ!)

京太郎「ズズズ……」

京太郎(ああ、落ち着く。さっきまでの興奮が、この一杯でさまされ、心地よい余韻が生まれている……)

京太郎(もう一杯だけ飲んで、帰るとしよう)





ーーーーそして

京太郎「ごちそうさまです」

店員「ありがとうございました」

京太郎「さて……」

華菜「おい須賀ァ!はやくカラオケ行くし!」

久「はやくしないと奢らせるわよー!」

京太郎「ちょ、勘弁して下さいよー!」

京太郎(結局バレた。そして……)

智美「ワハハ、捕まえたぞー」

ゆみ「こんな店知ってたのか」

佳織「誘ってくれればよかったのに」

睦月「うむ」

桃子「いやぁ、あはは……」

桃子(この気持ち、須賀さんしかわかってくれそうにないっスね……)

カンッ!