※事情説明しました

豊音「なんだー恋人だと思ったのにー」

胡桃「違うったら違う!」

豊音「んじゃ自己紹介するねー私姉帯豊音!よろしくねっ!」

エイスリン「・・・」カキカキ

エイスリン『エイスリン・ウィシュアート』バッ

京太郎「あ、俺は清澄高校麻雀部の須賀京太郎です。よろしく」

塞「んじゃ、麻雀の用意も出来たしやろっか」

京太郎(この雰囲気では逃げられない・・・)

京太郎(なるべくトバないように・・・)



京太郎「燃え尽きたよ・・・真っ白に・・・」

胡桃「弱いね」

京太郎「うっ・・・」

塞「一回も上がれてないし、三回もトバされたし・・・」

京太郎「うぐっ・・・」

エイスリン「・・・」カキカキ

エイスリン『京太郎が真っ白になってる絵』バッ

京太郎「ぐうう・・・」

豊音「え、えっと、えっと、次は勝てるよ!」

京太郎(優しさが痛い・・・)

シロ「・・・」

胡桃「結構やったねー今何時?」

京太郎「あっ!俺そろそろ戻ります。部員にも何も言ってないんで」

塞「分かったよ、ありがとね今日は」

豊音「また遊んでねー!」

エイスリン「バイバーイ」

シロ「京太郎・・・」

京太郎「ん、どうしました」

シロ「・・・」

シロ「メアド交換しよ・・・」

シロ以外「「「「!!?」」」」

京太郎「いいですよ、はい、赤外線」ピッ

シロ「あと・・・麻雀教えてあげるから・・・いつでもおいで」

京太郎「はい!それじゃまた今度」

バタン


エイスリン「シロ!カゼヒイタ!?オナカイタイ!?」

シロ「どこも悪くない・・・」

塞「まさか・・・惚れた?」

シロ「・・・惚れてない」

シロ「・・・嫌いじゃないけど」

胡桃「それほぼ惚れてるって!」

豊音「わーおめでただねー!」

シロ「ダルい・・・」

二人がもっと仲良くなるのはそう遠くない将来のお話

終わり

名前:
コメント: