部室に残っていたら、大雨が降ってきて帰られなくなった

華菜「し……!」

雨「ドザァァァァバァァァ!!」

華菜「うわー……最悪、傘もカッパも長靴も持ってきてないしー……」

ガラッ

京太郎「わっすれものーっと……あれ?池田かな?」

華菜「池田だよ!あと、さんを付けろ!」クワッ

京太郎「池田ァ!」

華菜「ふざけんなぁ!!」ガーッ

京太郎「ウイッス、って居残りですか池田先輩」

華菜「須賀こそ、英語の補習か?」

京太郎「ざ、ザッツライト……池田先輩は?」

華菜「あー…………うん、帰りそびれた」

京太郎「傘は?」

華菜「傘?………………に、にゃお~」(裏声)

京太郎「忘れたんですね……」

華菜「あの気象予報士のせいだし!」キッ

京太郎「今日は午後から大雨って言ってましたよ?」

華菜「………………にゃにゃ?」

京太郎「ニュース見てなかったんですか……」

華菜「う、うるさいし!」プイッ

どしゃ降りの中、後輩の男の子と一緒に相合傘で帰っている

華菜「し……///」カァァ

京太郎「池田先輩、もうちょい近寄って下さい」グイッ

華菜「ふに゙ゃっ!?だっ、抱き寄せるなって!!///」

京太郎「濡れちゃいますよ?」

華菜「ちっちち近い……///」プルプル

京太郎「……相合傘って、初めてです」

華菜「須賀はもう少し、動揺って言葉を覚えてほしい……!」

京太郎「動揺……えー池田先輩で動揺って……」ジーッ

華菜「胸見んな!そりゃ、キャプテンには劣るけど……///」サッ

京太郎「無いものを隠されても……あと、雨がもう」

華菜「雨?」

雨「ズァァァー!!」

京太郎「滝のような雨じゃないですか、全然ロマンチックじゃないですよぉ!!」クワッ

華菜「急に癇癪起こすなし!?」ビクッ

京太郎「ほとんど傘の意味ないっすねコレ、靴もぐしょぐしょですよ」

ビュオッ(突風)

華菜「わわっ!」バキャッ

京太郎「あ゙ぁぁ傘がぁーっ!?ま、いっか」

華菜「切り替え早っ!?」

傘が壊れて、家に向かって猛ダッシュしている途中だ

華菜「しッ!」ダダッ

京太郎「しっ、しんどい!」ゼェーゼェー

華菜「須賀ぁ!早く早く!」

京太郎「なんか、魚をくわえた猫を追いかけてるみたいですー!」

雨「ドザアァアー」

華菜「え?なにー!?」

京太郎「なんでもないです!」

華菜「……そういえば、私の家と逆方向に走ってる!」

京太郎「えぇ!?それじゃあ俺の家に行きましょう!」

華菜「わ、わかった!…………い、ぃい家ぇっ!?///」ボフンッ

京太郎「風邪引きますから!ってか早い!速い!?」

華菜「っ……す、須賀の家……!///」ドドドド

京太郎「それとあのー!さ、さっきからその、パンツがチラチラと……!」

華菜「嘘っ!?///」キキーッ

京太郎「俺が先を走りますから………………あの、先輩」

華菜「……なに?///」カァァ

京太郎「……高三でアニマルプリントはちょっと」ゲンナリ

華菜「言うなし!!///」

濡れ鼠のまま、高身長金髪イケメン後輩の家に転がり込む

華菜「……し」ポタポタ

京太郎「タオル持ってきます」スタスタ

華菜「あっ…………まぁいいか、後で言えば」

雨「バー」

華菜「止まないなー……っていうか、雨のやる気が下がってるなー……」

京太郎「やる気?」

華菜「なんでもなーい」

京太郎「濡れ鼠っていうか、濡れ猫っすね」バサッ

華菜「うぅーシャワー浴びたい……」ゴシゴシ

京太郎「あぁ、使いますか?」

華菜「えっ………………覗く気でしょ?」ジーッ

京太郎「え?あぁ考えもしなかったです」サラッ

華菜「……より失礼だし」

京太郎「着れそうなTシャツ置いときますんで、どうぞ」

華菜「あ……りがと……」ボソッ

京太郎「困った時はお互い様ですよ」ニコッ

華菜「ッ!こ、これはシャワーの分だしっ!///」ダダッ

京太郎「は、はいっ?そっちトイレですけどー?」

心の準備等で、結局一時間位シャワーを浴びてた

華菜「し」スタスタ

京太郎「さっきからその、しってなんすか」

華菜「お約束みたいなもの!」

京太郎「長かったですねぇ……これ、ココアです」

華菜「あ……う、うん」

京太郎「もうぬるくなっちゃいましたけど」

華菜「んっ……あ、美味しい……飲みやすい」コクッ

京太郎「そういえば猫舌でしたね、結果オーライでよかったです」

華菜「………………ありがとう」ボソッ

京太郎「はい、どういたしまして」

華菜「えー……ありがとうありがとうありがとうごめん」ブツブツ

京太郎「……あの、もういいんですけど?」

華菜「……傘とタオルとシャツと、シャワー長かったの」

京太郎「よく覚えてますね!?」

華菜「あ、ココア抜けてた……」シュン

京太郎「な、なんか今日の池田先輩………………威力ないですね?」

華菜「普通に大人しいって言っていいし」



雨が、止んできた

京太郎「しっ!」

華菜「盗られた!?」ガーン

雨「シトシト」

華菜「……まだお礼言い足りない」

京太郎「俺、何もしてませんよ……?」

華菜「してるし!須賀は!」ガタッ

京太郎「は、はぁ」

華菜「雑用とか……雑用とか雑用とか!」

京太郎「……悲しくなってきました」ズーン

華菜「実は……今日の放課後、須賀の雑用を全部私がやってみた」フンス

京太郎「え?今日は部活ないでしょう?」

華菜「だからこそ!いつも大変そうだし、実際大変だったし……!」

京太郎「慣れたらそうでもないですよ」

華菜「だから……感謝してるんだ、須賀には」ニコッ

京太郎「池田先輩……すいません、ありがとうございます」ペッコリン

華菜「お前は謝んなし!!」クワッ

京太郎「えぇぇー!?」


華菜「それじゃ、今日は色々ありがとうだし!」

京太郎「今日何回目ですか、池田先輩」

華菜「……な、なぁ須賀」

京太郎「はいー?お礼はもういいですよー」

華菜「お礼じゃないけど……その、私……」モジモジ

京太郎「歯切れ悪いですね?」

華菜「っ……私は、須賀のことが……すっ……!///」カァァ

京太郎「す?」

華菜「す、すすす……すっ……き!///」

京太郎「………………ススキ?」

華菜「わざとか!!?///」クワッ

京太郎「なにが!?」ビクゥッ

華菜「もういいし!帰る!///」スタスタ

京太郎「えー……あのー!池田せんぱーい?」

華菜「……なにー?」

京太郎「また明日、学校でー!」

華菜「んー………………明日こそは!」キッ

京太郎「睨まれた!?」ガーン

空には虹がかかっていた。

……明日こそは、好きって言ってやるし!

カンッ