和「でもよく考えてみれば、麻雀部と言っただけで別にうちの学校とは言ってませんね」

和「この県の人たちだったら合同合宿で面識もありますし」

和「危うく勘違いをするところでした」

和「思い出したら恥ずかしくて少し顔が熱いです……」

和「思い返せば、須賀君にも少し失礼なことを聞いたかもしれませんね」

和「お詫びと言ってはなんですが、ここは一つ彼の恋のお手伝いでもしてみましょう」

和「まずは好みのタイプを聞いてみましょうか」

和「気になるっていう人も、それに照らし合わせたらわかるかもしれません」

――――――


和「須賀くんはどんな人が好みですか?」

京太郎「……は?」

和「だから好みのタイプを……」

京太郎「いやいやいや待て待て待て!なんだっていきなりそんなことを?」

和(表立って応援すると言えば遠慮してしまうでしょうか?)

和「……なんとなくです」

京太郎「なんとなく?誰かに頼まれたとかでもなく?」

和「はい」

京太郎(おいおいおい、もしかしてこれって……!)

京太郎「……まず髪は長めで」

和「きっと女性らしい方ですね」

京太郎「……頭が良くて」

和「意外ですね。性格なら優希みたいな子が好みかと思ってました」

京太郎「あいつみたいなやつと付き合ったら奢らせられるだろ」

和「まあ、優希はあれで結構気遣いもできるんですけど」

京太郎「そうなのか?んで続けるけど……麻雀は強くて」

和「前に麻雀部の人って言ってましたね」

京太郎「お、おう……それで最後だけど……これちょっと言いにくいな」

和「大丈夫です。どんなことを言っても軽蔑はしませんから」

京太郎「そうか?なら言うぞ……胸の大きい人、かな」

和「胸の大きい人、ですか……」

京太郎「だ、だめか?」

和「ダメも何も、男性がそういった女性を好むことは知ってますから」

京太郎「じゃ、じゃあ……」

和「良くわかりました。それでは先に帰りますね」

京太郎「俺とつきあ……って、いない?」


――――――


和「須賀くんの好みについて大分情報が集まりました」

和「髪が長く、頭が良くて麻雀も強い……そして胸の大きい女性、ですね」

和「これらの条件を、各校の人たちに照らし合わせてみましょう」

和「まずは風越ですね」

和「条件に多く当てはまるのは……キャプテンの福路美穂子さんですか」

和「でも髪はロングというわけではないですね」

和「それ以外の人たちも……完璧に当てはまる人はなし、と」

和「じゃあ今度は鶴賀ですね」

和「東横さんも髪はロングとまではいきませんし、妹尾さんは偶然の役満が目立ちますが、お世辞にも強いとは言えません」

和「最後は龍門渕ですか……ここの人たちはみんな麻雀が強いですね」

和「その中で条件に一致するのは……一人だけですか」

和「沢村智紀さん……あまり話したことがないので頭が良いかどうかはわかりませんが」

和「でも普段から部活に顔を出している須賀くんが、それ以外の麻雀部に知り合いがいるとは思えません」

和「ならこれで決まりですね」

和「善は急げ……手配しましょう」


――――――


和「須賀くん、これ受け取ってください」

京太郎「メモに……電話番号とアドレス?」

和「あとで連絡してくださいね?」

京太郎「あ、ああ……絶対連絡する」

和「それでは、私はお先に失礼します」

京太郎「絶対電話かけるから!」


京太郎「よっしゃ!和の番号とアドレスゲット!」

京太郎「早速だけど、電話かけちゃおう」

京太郎「これで、よし……あぁ緊張する」

?『……もしもし』

京太郎「お、俺っ、須賀京太郎だけど!」

?『須賀京太郎……清澄の雑用』

京太郎「雑用って酷いな……って、なんかテンション低いな」

?『それで、何の用?』

京太郎「いや、連絡してって番号渡したのそっちだろ」

?『渡した覚えなんてない』

京太郎「え、ちょっと待て……もしかして和じゃない?」

智紀『龍門渕高校二年、沢村智紀』

京太郎「……なにがどうなってるんだ?」

智紀「私が聞きたい」


和「良いことをした後は気持ちがいいですね」

和「せっかくだから咲さんと優希を誘ってどこかに行きましょうか」

和「二人が須賀くんの邪魔になると悪いですしね」


カンッ