京太郎「ラブコメ漫画とか読んでて思うけどさ」

和「ラブコメ、ですか」

京太郎「知ってるか?」

和「はい、私もたまに読みますから」

京太郎「へぇなんか意外」

和「父に隠れてこっそりとですけど。だから内緒ですよ?」

京太郎「オーケーオーケー。んでそのラブコメだけどさ、主人公鈍感過ぎね?」

和(それをあなたが言いますか……)

京太郎「どうかしたのか?」

和「いえ、なんでもありません。それより須賀くんには気になる人はいないんですか?」

京太郎(それをお前が言うのか……)

和「どうかしたんですか?」

京太郎「いや、なんでも。気になる人ね……いるっちゃいるけど」

和「咲さんとか?」

京太郎「咲?まさか。ほっとけないって意味では気になるけどさ」

和「じゃあ優希とか?」

京太郎「一緒にいて楽しいのはたしかだけど、そういう対象としてはな……」

和(報われませんね、二人とも……)

京太郎「そんな目で見るなよ。なんか悪いことしたか、俺?」

和「いえ……先輩方は違うんですか?」

京太郎「まぁな……でも麻雀部ってとこは合ってるかな」

和「はぁ、そうですか」

京太郎「ヒ、ヒントはここまで!俺もう帰るわ」

和「はい、また明日」

京太郎「じゃあな!」

――――――


和「麻雀部の誰か、ですか」

和「ふむ……咲さんに優希、それに先輩方でもないとすると……」

和「……もしかして、私?」

和「……えっ!?」


カンッ