桃「ふんふふふーん」♪

京太郎「あんまり浮かれすぎてこけたりするなよ」

桃「手をつないでるんすから大丈夫っすよー」

京太郎「まったく、これは手をつないでるって言わないだろ」

桃「えへへ///」 【腕を組んでる】

桃「しかし晩御飯は何を作ろうっすかねー?」

京太郎「そうだなー 桃って料理はどれくらい出来るんだ?」

桃「難しいのは無理っすが、簡単なのなら出来るっすよ」

京太郎「ほほぅ、簡単なのというと?」

桃「カレーとかはもちろんハンバーグとか肉じゃが、煮物系、他にも練習中っす」

桃「最近グラタンとかも作れるようになったんすよ」

京太郎「ほーどれも食べてみたいな」

桃「なら今日の晩御飯は今言った料理のどれかにするっすか?」

京太郎「それもいいな」


桃「どれにするっすかねー」

京太郎「どれも美味そうで迷うなー」

桃「お店に着いてから考えればいいっすよ」

京太郎「だな」

桃「だからお店に着くまではいちゃいちゃしてたいっす!」

京太郎「何言ってんだお前?」

桃「え?」

京太郎「店に着いてもいちゃいちゃしてやるよ」

桃「いいんすか?」

京太郎「他の人に気付かれないってのもあるが、せっかく彼女と一緒にいるんだし俺もいちゃいちゃしたいしな」

桃「えへへ~///」

京太郎「うぉっ だからって抱き着くな! 程々だぞ、バカップルみたいなやりすぎはしないからな!」

桃「それでもいいっすー 嬉しいっすよー」


名前:
コメント: