まこ「ここに3人の女子高生雀士がおるじゃろ」

咲、和、優希「…………」

京太郎「……はぁ、そうですね」

まこ「好きなの選べ」

久「須賀くん、私はオトナだから先にあなたに選ばせてあげるわ!」

京太郎「いやいや、選んでどうしろと」

まこ「育てろ」

京太郎「高校まで親の元で大切に育てられてるでしょうが。今更何を育てるんですか」

咲「京ちゃん、取り敢えず私を選んどかない?」

京太郎「取り敢えずってなんだよ」

和「いえ、私を選んでおけばあとは楽ですよ!」

京太郎「楽って何がだよ」

優希「私にしとけば毎日充実するじょ!」

京太郎「お前だけな」

まこ「で、どれにする?」

京太郎「……他のを捕まえたら、最初に選んだのって逃がしていいんですか?」

咲、和、優希「なっ!?」

まこ「かまわんぞ」

京太郎「んじゃ、咲にします」

まこ「おお、咲を選んだか。そいつはステータスが高いぞ」


久「さぁて、私は……」

京太郎「あ、部長」

久「なに?」

京太郎「よっ」ギュッ

久「へっ!?」

京太郎「捕まえましたよ」

久「な、なななな……///」

京太郎「咲、もういいぞ」

咲「(゚д゚)」

京太郎「これから俺が、じっくり育ててあげますからね?」

久「あぅ……///」

咲、和、優希「意義あり!」

まこ「却下」

咲、和、優希「(´・ω・`)」

カンッ!