憧『ねぇ京太郎、しよっか?』

憧『明るいうちからするのがいいんじゃない、イケないことしてるみたいで』

憧『ほらほら我慢なんてしないで』

憧『ぁは、もうおっきくしてるんじゃない』

憧『ほら京太郎も触って』

憧『ここもあそこもあたしの全部、京太郎のものなんだよ?』

憧『ね、今日はもう一日中しちゃお?』







京太郎「みたいな…」

憧「バッカじゃないの!バッカじゃないのッ!!バッッッッッッカじゃないの!!!!!」

京太郎「ちょ、いたい!やめろって!仮定の話だって仮定…」

憧「そんなありえない!ありえなさすぎる仮定するんじゃないわよバカ!!」

京太郎「でも憧、スイッチ入るとだいたいこんな感じだぞ」

憧「ふきゅ!?」

京太郎「さすがにここまでストレートじゃないけどな。なんていうか、ノリノリになるじゃん」

憧「そ、そそそそんなことないわよ!どさくさに紛れてなに言っちゃってんの!ありえないんですけど!ホントありえないんですけど!」

京太郎「大丈夫、俺はどんな憧だって好きだよ」ナデナデ

京太郎「何回もしてるのに、まだはじめは恥ずかしがっちゃうところも」ナデナデナデ

京太郎「そのくせすぐに自分から求めてくるようになるところも」ナデナデナデナデ

京太郎「終わってから冷静になって、真っ赤になって俺の胸に顔埋めちゃうところも」ナデナデナデナデナデ

憧「ふきゅぅ…なにいってんのよばかぁ」



京太郎「なぁ憧…しよっか?」

憧「ぇ、でもまだお昼だよ…」

京太郎「明るいうちからするのがいいんだろ」

憧「イケないことしてるみたいで…?」

京太郎「嫌か?」

憧「……いやじゃない」


このあと一日中

カン