咲「京ちゃん、今日って練習試合があったよね。何時からだっけ?」

京太郎「ちょいまち、今確認……おっと」ヒラ…

和「写真ですか。誰が写ってるんです?」

京太郎「ああ、その……」

久「まさか恋人?」

咲、優希、和「!?」ガタッ!

京太郎「こ、恋人では、ない、です……」

まこ「随分含みのある言い方じゃな」

久「ねぇ、誰なのよ」

優希「吐け!全て吐くんだ!」

咲「場合によっては……」

京太郎「いや、あの……」

和「誰なんです!?」

京太郎「……許嫁です」

久「へ?」

まこ「おやおや」

優希「な、何で今の時代に!」

咲「聞いてない!私聞いてないよ!」

和「……で、その女の名前と住所は?」

京太郎「いやな、親が勝手に決めたことだし、写真だって無理矢理持たされてるだけで……」






智葉「そんなに嫌か?」

京太郎「そりゃ恥ずかしいですし」

智葉「私の写真は持ってると恥ずかしいものなのか?」

京太郎「……智葉さん、何故ここに?」

智葉「練習試合をしに」

久「いらっしゃい」

ネリー「移動中、機嫌が良かったのって……」

ハオ「男が待ってたからか」

咲「……臨海さん、早速打ちましょうよ」

優希「卓つけよ……」

和「久々に切れちまったぜ……」

智葉「その前に、京太郎」

京太郎「は、はい……」

智葉「お前がどんなに否定しても、私はお前の許嫁だ」

京太郎「だ、だからそれは……」

智葉「小さい頃の良くわからないでした約束でも、親が勝手に決めたことでも、私が京太郎のものになるなら、形振りはどうだっていい」

京太郎「俺は……」

智葉「後で、話をしよう。家関係なく、私たちだけの話を」

咲「もういいですか……?」

和「あなたの運命は私が決めます」

優希「振り切るじぇ……!」

智葉「……なるほど、負けられないな!」

カンッ!