カッチコッチカッチコッチ

京太郎「…」

和「…」

京太郎「誰も来ないなー…」

和「…」

京太郎「なー?」

和「あら、私に話しかけてたんですか。影が薄くて気づきませんでした、ごめんなさい」

京太郎「謝りながらさらっと罵倒するの止めてくれない?あと事実を言うのも」

和「…」

京太郎(あ、これは同じパターン。とりあえず同じ轍は二度踏まないに越したことはないよね)

カッチコッチカッチコッチ

京太郎「…」ソワソワ

和「…」

京太郎「なぁ和ー」

和「何ですか須賀君?頭の悪そうな呼びかけをしないでください」

京太郎「ただ呼びかけただけで罵倒しないでくれる?」

和「罵倒されるような言い方をする方が悪いんです。それで、用件は何ですか?」

京太郎「いや、暇だししりとりをしようと…思ったり、なーんて…」

和「いいですよ?」

京太郎「えっ、マジで!?」

和「まさか誘っておいてやる気もなかったんですか?須賀君はいい加減なんですね。それだから不良と呼ばれるんです。反省してください」

京太郎「だから罵倒止めてくんない?そんな風に罵倒されつつ断られると思ってさぁ…」

和「須賀君は人を決め付けで判断するんですね。サイテーです」

京太郎「よーしお前は日頃の発言を少し省みてみようか!」

和「特に問題はないと思いますが?」

京太郎「問題大ありだよ!特に俺に対する発言が!」

和「私的にはOKですから」

京太郎「お前の判断甘々だな!」

和「なにせモットーが『自分に厳しく、他人に甘く、ただし須賀君にはもっと厳しく』ですから」

京太郎「嬉しくない特別扱いだな!」

和「何を自惚れているんですか。特別扱いではなく特別警戒しているという意味です」

京太郎「実はほんの少し嬉しかった俺の純情を返せ!」

和「それで、しりとりでしたか。では『り』からどうぞ」

京太郎「えーっと…理科」

和「甲斐性なし」

京太郎「し、し…新作」

和「屑」

京太郎「ず…図工」

和「蛆虫」

京太郎「…時代」

和「意気地なし」

京太郎「もう止めよう。俺のライフはとっくにゼロだ」

和「始めておいてすぐ止めるなんてやはりあなたは駄目人間なんですね…」ハァ

京太郎「だから止めてってば!特にその見放したようなため息!心にくるから!」

和「こんな楽しいこと止める訳ないじゃないですか」ニッコリ

京太郎「ワァ今世紀最大の可愛い笑顔ー。咲が魔王だなんて嘘でしょ?仮に咲が魔王ならこの娘邪神レベルだよ?」

和「…」

京太郎「…あれ?珍しく罵倒がない…?」

和「か、かかかか可愛いとかいきなりなに言い出すんですかこの屑金髪チャラ男ヤンキー優柔不断男!!」

京太郎「と思ったが別にそんなことなかったな!今割と泣きそう!」

和「うるさいです騒がしいです黙ってくださいこの変態!変態!!変ッ態!!!」

京太郎「今解った…まだ遠回しの罵倒の方が楽だったんだ…」ガクッ

和「…んんっ、失礼。取り乱しました。突然で申し訳ないのですが用事を思い出しまして帰らせていただこうと思います」テキパキ

京太郎「あぁうんどうぞもう好きにしてくださいませ…」

和「はい、そうさせていただきます。それでは」ガラッピシャン

京太郎「あぁ、お疲れさま…」

シーン

京太郎「はぁーあ…」

久「なーんかおもしろいくらいに青春してるわねー」ヒョコッ

優希「正直ごちそうさまだじぇ」ニュッ

咲「駄目だよ二人とも…京ちゃんにばれちゃう…」オズオズ

京太郎「ぬぁ!?どっから出てきた!?」

まこ「ベッドの下からじゃよ」ヌッ

京太郎「ギャーーーー!!?」

カンッ