睦月「それで京太郎、ここはこれを切ると…」

京太郎「おっ!あぁ~なるほど!」

睦月「うむ、飲み込みが早くて助かる」

京太郎「へへ…津山先輩の教え方が上手なんですって」

睦月「そ、そんなこと…ないぞ」

ゆみ「津山は面倒見がいいんだな」

京太郎「あっ、ゆみ先輩お疲れ様です」

睦月「……どうも」

ゆみ「ああ……ところで京太郎、モモを見かけてないか?
私からの電話にも出ないから、ちょっと気になってな…」

京太郎「先輩の電話にも出ない?桃子がっすか?……そりゃ気になるな、探してきます!」

ゆみ「すまない、頼む」

睦月「………」


ゆみ「………ふぅ」

睦月「……何の真似ですか?」

ゆみ「何がだ?私はただモモが気になる、と言っただけだが」

睦月「あの子が先輩の電話に出ないわけない、
それに京太郎が探して近くにいたとしても見つけられるかどうかも分からないでしょう…?」


ゆみ「………」

睦月「…邪魔したかっただけなんですね?私が京太郎とどんどん親しくなっているから」

ゆみ「親しくなっている?はっ!」

睦月「何か間違ったこと言いましたか?」

ゆみ「部内で唯一名前呼びをされていないお前が京太郎と親しいという発言に違和感を覚えただけだが」

睦月「…それは、あの子は私を尊敬してくれているから……指導もしているし、相談にも乗っている…」

ゆみ「ほう、では名前呼びされている私や蒲原や妹尾はナメられていると?」

睦月「まあ、そういうことです」

ゆみ「言ってくれるじゃないか、そういう度胸のあるところは好きだぞ」

睦月「どうも、京太郎以外に好かれても困りますが」

ゆみ「……京太郎が本当にお前を好きになると思うのか?」

睦月「………どういうことです?」

ゆみ「言ってやろう、お前は距離をとられているんだよ
京太郎は馬鹿じゃない、そっちからの好意は無意識に感じ取っているはずだ、

しかしながら本当に踏み込んでこられても迷惑だからいまだに名前で呼ばないんだ」

睦月「!!迷惑なんて、京太郎はそんなこと考えていない!」

ゆみ「かもな、あいつは本当にいい男だからそんな発想自体はないのかもな…
だが、お前が近づこうとしたって戸惑われるだけなのは目に見えているさ

京太郎の好みの女ぐらい知っているだろ?」

睦月「………」

ゆみ「明らかにお前は京太郎に恋愛対象としては見られてはいない」

睦月「…そんな事分からない、京太郎は……」

ゆみ「ああ、見かけだけで好きになるような男でもない

だがとっかかりとしては必要だ

そういう意味では内堀を埋めようとするお前よりは
妹尾のほうがはるかに難敵だ

実際、妹尾が強気になったら打つ手がない
今は彼女の性格に助けられている」

睦月「つまりあなただって京太郎の対象外だ」

ゆみ「本来ならな、だが私は幸運なことに友に恵まれている」

睦月「…まさか、桃子を使う気?さっき京太郎を部室から出すエサに使ったように

桃子で誘いだして、自分のところまで連れてこさせて…」

ゆみ「…はっはっは、想像力豊かだな」

睦月「否定はしないのか…いや、まさか蒲原先輩も」

ゆみ「車があると何かと便利だと思わないか?」

睦月「下衆…」

ゆみ「…なあ、なぜこんな話をしたと思う?手の内を明かすような真似を…

諦めろ、お前が同じ真似をしても結果は見えている

私は京太郎を手に入れるなら何でもする

邪魔をするなら……」

睦月「………それで本当に私がひくと思ったのなら、いよいよ救えない」

ゆみ「…警告はした、そろそろ桃子に連絡をしてやろう」

睦月「私は今後も京太郎の指導をする…それは絶対に変えない」

ゆみ「…ああ、好きにしろ
後輩の指導に熱心な部員を持てて蒲原も幸せだな」

睦月「………」


桃子「ご迷惑おかけしましたッス」

京太郎「いや~本当にな、こいつ」ワシャワシャ

桃子「ああっ、髪ぐしゃぐしゃにしないで欲しいッス~!」

ゆみ「ご苦労だったな京太郎、茶をいれてやろう」

睦月「先輩、私がいれますよ」

ゆみ「いやいや、たまには私にいれさせてくれ
後輩達の労をねぎらうのも先輩の役目だからな」

睦月「…はい」


京太郎「あはは、先輩方は仲がいいなぁ」

桃子「………そうッスね」

京太郎「おい、本来なら遅れてきたお前がいれるんだぞ、この~」ワシャワシャ

桃子「ああっ、もうっ京さん~~!」

睦月「………」

ゆみ「………」コポコポコポ…


カンッ