ドラクエパロ

京太郎「(…なんで俺こんな所で麻雀をしてるんだ?それにこの人って確かプロの…)」

?「この私を倒そうなんて甘く見られたものだね」

京太郎「(なんだ身体が動かない!?)」

?「ふふっ石になって永遠の時を悔むがいいよ」カッ


あぁなんだ…夢かこれは…


京太郎「うわ~…」

ドサッ

京太郎「…っ…」

淡「どうしたのキョータロー?大丈夫!?」

京太郎「夢…?」

淡「もうキョータロー、ビックリさせないでよね」

京太郎「淡?」

淡「いきなりベッドからおっこちちゃうんだもん…頭打たなかった?」

京太郎「あぁ大丈夫」

淡「そう?あ、そうだ今日菫がキョータローに会いに来たよ?」

京太郎「菫が?」

淡「うん、寝てるって言ったら帰っちゃったけど」

京太郎「そうか…わかったありがと」

淡「ふふん妹だもんとーぜん!」

京太郎「なにがとーぜんなんだか…まぁ後で会いに行って来るよ」

淡「うん」

京太郎「(…それにしても)」

あれは本当に夢だったんだろうか…それとも…

京太郎「いや何考えてるんだ…とにかく菫に会いに行くか…」

この時の俺はまだ、この世界の異様さに微塵も気付いていなかった…
淡との関係も、俺が忘れていた夢も、…そして本当の妹さえも…

カンっ