京太郎「部長…俺は悟りましたよ」

久「悟った?」

京太郎「ええ…ほら、俺って巨乳好きだけどいまいちその手の子と仲良くなれないじゃないですか」

久「ああ、うん…まあそうね(最近、和のあなたへの好感度は爆上がりなんだけどね)」


京太郎「代わりにぽんこつだのタコスだの、あっち方面とはすぐ仲良くなれる…今まではこれが悩みだった……

しかし!俺はもういっそ巨乳にこだわらずに、あえて貧乳を愛でようという気になったんです!

だけれども、ただのぺたんこだったら流石にキツイ……そこでお尻のほうに着目したんです!」


久「へぇ~……(久ですが好きな男の子に自分の性欲について熱く語られています……メゲるわ)」


京太郎「貧乳ながらもお尻のほうがボインっとなっている女の子にアタックすれば、俺のリビドーも解消されるのではないか!

よって、俺は今からこういう『b体型』な女の子を愛せるようになる修行を始めようと思うんです!

そうすれば最終的にはどんなまな板でも好きになれるのではないか!そういうプランです!」


久「え、ちょっとまって『b体型』ってなによ?」

京太郎「アルファベットの小文字の方のbを思い浮かべてください、ちょうど上がぺたんとして、下が出ている形でしょ?」

久「……あ~、上は貧相だけど下はそうでもない的なね…」

京太郎「イエース!ザッツラーイト!」

久「テンション高いわね………ね、ねえその私みたいなそこそこのスタイルの女の子はどう思うのかな…?///」

京太郎「では行ってまいります!とうっ!」ガチャッバタン…



久「…いいさ、後で『抱かせてくれ』って泣きついてきたって知らないんだから……ぐすん」


…………

こうして京太郎の修行が始まった……


京太郎「咲!」ギュッ

咲「きょっ、京ちゃん!?いきなりどうしたの!/////」

京太郎「……」サワサワモミモミ

咲「ひゃっ!ちょ、ちょっと!どこ触って…//////」


京太郎「(ふむ、やはりお尻のほうはなかなかだな…)」モミモミサワサワ


咲「京……ちゃん………んん…///////」ギュ…

……

京太郎「優希っ!」ギュッモミモミサワサワ…

優希「京太郎!?きゅ、急だな~あはは…
ととととうとうこっこここここの優希ちゃんの魅力に気づいたのか~!////」


京太郎「……(上も下も固い……)」サワサワ…


優希「きょ…京太郎?な、なにか言って欲しいじぇ……
その、『好き』とか…『愛してる』とか…そういう事で…いいから……/////」ギュッ…


……

京太郎「ふ~む…」ギュッモミモミサワサワ…

一「へぇ~、京太郎も大胆になったね…

(や、やった!やったよ透華!!ボクとうとう京太郎に抱かれたよぉーー!!////)」


京太郎「……(これは……大きめで揉み応えもあって、素晴らしい尻だ…伊達に痴女服着てないな)」モミモミグニッグニッグニュッグニュッ…


一「んっ…京太郎、お尻好きなの?そんなにがっついて……初めて知ったなぁ…

(うっひょーーい!!胸がなくても男は落とせるんだーー!!ざまみろ原村和ぁーー!!)」


……

京太郎「おや、意外に…」モミモミサワサワ…

智美「ワハッ///ワハハ…や、やっぱり私の事をずっとそういう目で見ていたんだなー!////」


京太郎「……(腹が立ったのでつねってやろ)」キュウッ…


智美「あひんっ……ワハハ…///////」

京太郎「(満更でもねーのかよ!)」


……

華菜「そろそろ混ぜろよ…」

……

成香「ああ…京太郎さん////」ギュウ…

京太郎「(おぉ、大きくはないけど弾力性があって揉み心地いい…)」モミモミモミモミ…

成香「こんな…こんなこといけないのに…/////」

……

洋榎「な、なあっ、絹恵と間違えてへんか…?////」

京太郎「(う~ん、割と柔らかいな…将来大きくなりそうな気がする尻だ……胸と違って)」モミモミサワサワ…

洋榎「……京太郎がええんなら…ウチは…///////」ギュッ


……

穏乃「んっ…京太郎……ど、どうかな…////」

灼「もう……二人同時なんて…欲張りもの…////」

京太郎「……(優希以来の固さだ…)」モミモミサワサワ…

穏乃「あぁん、黙ってたら怖いよ京太郎…/////」

灼「ふふ、興奮で話せないんだよ…私達相手なら仕方な……/////」

……

煌「ああっ…とうとうこの日がっ…////」

京太郎「(太ももから尻にかけて結構肉がついてるな…)」モミンモミン…

煌「すばらぁ…すばらぁっ…/////」

……

華菜「そろそろ混ぜろってば…」


京太郎「こうして俺は全国修行して回ったんだし」

華菜「だしっ!?」


…………

そしてとうとう京太郎は四天王と対峙する…!



京太郎「くっ…これは強敵だぜ…!」



初美「京太郎…用ってなんですかー///」ドキドキ←マル・デ・ガキ

もこ「……///」チラッチラッ←ミタ・メ・ガキ

胡桃「もうっ、時間ないんだからぁ…早くしてよね?///」モジモジ←カナ・リ・ガキ

衣「衣は…いつでも京太郎を受け入れる準備は……///」クネクネ←ガキ・ソ・ノモノ



京太郎「(なんだこの面子ー!一番でかいのが139cmの初美さんってどういうこったよ!
いくら修行してきたとはいえ、元々おっぱい好きの俺としてはこれは辛い…!

だが…ここで引いたら今まで何のために全国の絶壁少女達を抱きしめてきたって話だ!

俺は負けない…ここで負けるわけにはいかないんだぁーー!)」


そして…


京太郎「いくぞー!ウオォォーー!」ガバッ

初も胡衣「きゃーけだものー♪」



京太郎の勇気がちっぱい娘を救うと信じて…!

カンッ