京太郎「はやりさん、筆下ろしをしていただけませんか?」

はやり「」

はやり「はや?」

京太郎「はやりさん、筆下ろしを」

はやり「聞こえなかった訳じゃないよ!?」

京太郎「じゃあお願いします」

はやり「えと、どうしてそんなとんでもな話題が出てきたのかな」

京太郎「俺、はやりさんのことが好きなんですよ」

はやり「はやっ!?」

京太郎「でも俺ってはやりさんから見たら子供ですから…」

京太郎「そんな俺がはやりさんと付き合えるなんて思えませんから」

はやり「そ、そんなこと」

京太郎「体だけの関係でもいいかなと」

はやり「妥協のラインがすっごく最低だよこの子!?」

はやり「もう…いい?京くん。女の子にそんなこと言うなんてダメダメだぞ☆」

京太郎「好きでもなんでもない女で童貞捨てるよかましかな、と」

はやり「ダーメ!」

京太郎「…分かりました」

はやり「分かってくれたんだね…あれ?なんではやりは押し倒されているのかな?」

京太郎「まぁ、あれですよ」

京太郎「身体関係からはじまる恋もありかな、と」

はやり「ちょ、え、ちょと…ひゃぁ!?」


カンッ。