佳織「はぁぁー……」ドヨーン

睦月「ため息?」ヒョコッ

佳織「わっ、聞かれてた?」

睦月「もしかして……須賀くん関係かな」ズバァッ

佳織「ぎくっ!……わ、わかる……?」

睦月「須賀くんといる時かなり変だよ?最近の妹尾さん」

佳織「うぅ……///」カァァ

睦月「顔真っ赤だし、ずっと下向いてるし」

佳織「……須賀くんにもバレてるかな!?」

睦月「いや……彼も、超が付くほど鈍感だろうから」

佳織「ふー、よかった……のかな」ホッ

睦月「やっぱり私ぐらい自然に接してないと、振り向いてもらえないと思うよ」

佳織「そっかー……難しいね」

睦月「うむ……」

佳織「……」

睦月「……」

佳織「…………振り向かせたいの?」

睦月「!!///」ガタッ

佳織「……す、好きなの?」ジーッ

睦月「う……友達にバレた……はぁぁー……」ドヨーン

佳織「げ、元気だしてっ!応援するから!」ポンポン

睦月「う、うむ……うむ?応援?」

佳織「二人で考えよう?須賀くん攻略法!」フンス

睦月「……ま、まぁいいか」

佳織「とにかく私は、須賀くんに慣れないと……!」

睦月「うーん……慣れるのって、実践経験が物言うと思うけど」

佳織「……い、イメージトレーニングとか?」

睦月「早い話が、妄想だ……」

佳織「練習だから!トレーニングだから!///」カァァ

睦月「それじゃ……告白する所を想像する、とか?」

佳織「告白………………」ポワワーン

睦月「うむ………………」ポワワーン

佳織(………………想像ならこんなに簡単なのに……///)

睦月(………………むなしい……///)

睦月「や、やめよう!ネガティブになる!///」

佳織「でもちょっと楽しかった……///」

睦月「それは認めるけど!イメトレは……糧にならないって」

佳織「……須賀くんを諦めるしかないのかなぁ」ショボーン

睦月「早っ!?」ビクッ

佳織「あっ!……今気付いた、二人で攻略って取り合いになるね」ショボーン

睦月「遅っ!?……というか、私たちだけじゃないと思うよ?ライバル」

佳織「……桃子さん、とか?」

睦月「うむ、須賀くん好みのルックス」

佳織「え、そうなの?」ポカーン

睦月「彼は胸の大きい人がタイプだそうだ……って、自分で言ってたけど」

佳織「へー、知らなかったー……じゃ、智美ちゃんは大丈夫だ!」

睦月「サラッと失礼な発言……先輩は?」

佳織「加治木先輩?うぅ、すっごく美人だもんねー……油断出来ない!」ゴゴゴ

睦月「余計に失礼な発言!」

佳織「いっそみんな須賀くんの恋人になれば!」ガタッ

睦月「非現実的すぎるよ……でも、妹尾さんは有利だと思う」

佳織「へぅ?」

睦月「かわいいし、同じ麻雀初心者だから、親近感もつでしょ?」

佳織「初心者同士は分かるけど……うーん」

睦月「それに……胸も……!!」ジー

佳織「あ、そっか!大きくてよかったぁ、邪魔なだけだったけど」パァッ

睦月「………………ソウダネ」

佳織「小さい方が動きやすくていいよねぇ……どうして大きいのが好きなんだろう?」

睦月(……抑えろ、抑えろ私!)グググ

佳織「そういえば須賀くんって彼女いるのかな?いたら、トレーニングの意味ないよね?」

睦月「大してトレーニングにもなってないけど……妹尾さん、聞いてみたら?」

佳織「わっ、私が!?は、恥ずかしいよぅ!///」

睦月「……それじゃあ、私が聞いてみようか……いたら、須賀くんからは手を引こう」

佳織「そうだね、残念だけど」シュン

睦月「いなかったら……早い者勝ち、かな」

佳織「負けないよー……!」フンス

睦月(……なんか、修羅場のはずなのにドキドキしないのは何故だろう)




ガチャッ

京太郎「遅くなりましたー」

睦月「!!」

睦月「ッ……す、須賀くん!」ガタッ

京太郎「なんですか、新部長?」

睦月「その呼び方はあんまり……えっと、聞きたいことがあるんだけど」

京太郎「はぁ、何でしょうか」

睦月「えっと、須賀くんって……彼女とか、いるの?///」カァァ

京太郎「彼女?いえ全く、募集中ですね!」サラッ

佳織「!……あ、その、須賀くん!///」

睦月「ちょっ、抜け駆け!」ガシッ

佳織「早い者勝ちでしょー!?///」

京太郎「何ですか、先輩達が彼女になってくれるとか?なーんて」

睦月「っ!?ち、ちょっと待った!///」

京太郎「え、はい」ビクッ

佳織「つ、次の会議の後で!ね!?///」

睦月「そ、そう!そうしよう!///」

京太郎(会議……?)ポカーン


ダメダメな二人だった。

カンッ!