哩さん、姫子さんとのオフ会はたのしかったな。

飯の後はまたデュエルをしたりゲーセンでプリクラ撮ったり。

あと麻雀もやったけどまるで勝てなかった…まあそれも当然か。

インハイ期間中にあと1回は会いましょうと約束したし次は一矢報いるくらいできたらいいな。

京太郎「しかし腹がいまいち埋まらなかったな…」

さっきのカレーは口に合わないからあんまり食べられなくて小腹が空いてきたな。

本来は夕飯がいらなくなるくらいがっつりと食い溜めしておくつもりだったんだけどなぁ…

しかたない、このあたりで何かおやつになりそうなものでも探してみよう。

京太郎「あっ…そういえばこのあたりにはやりんおすすめの店があったような…」

そうだ、たしかはやりんが夕方のニュースでクレープ屋を紹介していたな。

チョコと生クリームがたっぷりのイチゴとバナナのクレープ…うまそうだったな。

いかん、考えただけで口の中が甘くなってきたぞ。

とはいえ男一人でクレープ屋に特攻とはまたハードルが高いな…

いや、はやりんおすすめのクレープを食べるためならそれぐらい耐えてみせよう。



京太郎「おっ、ここだここだ」

このピンクど派手な概観はいかにもはやりんが好きそうな感じだ。

普段の俺には絶対に縁のない場所だろう。

うーむ…とりあえず店まで来てみたはいいが行列ができているな。

しかも女の子ばかりで男がいても彼女に連れてこられているやつしかいないしソロなんて見当たらないぞ。

こうなったら咲でも呼んで…駄目だ、あいつじゃここに来られるわけがない。

京太郎「はやりんのクレープのためだ…」

まあ別に変な目で見られたって知り合いなんていないし気にするだけ無駄か。

じゃあ早速ならんで…

?「あなたもはやりんが紹介してたのを見てきたんですか?」プルン

ぬっ…今あなたもと言ったな…

?「私もはやりんのファンであの番組を見てきたんです」プルルン

つまりこのロリ巨乳の子もはやりんファンなのか。


京太郎「へーっ!ユキもはやりん17歳(11回目)のバースデーライブ行ったのか!」

由暉子「ええ、もう最前列確保してサイリウムを振っていましたよ」

いやぁ、はやりんファンの同志に会えるなんて運がいい、しかもかわいいし。

京太郎「俺も行きたかったんだけどチケットが取れなくてなぁ…でも代わりにサイン付きCDが当たったぜ」

由暉子「ほんとですか!私も何通か送ったのですが外れてしまいました…」

お互いはやりんのことを話していたらすっかり仲良くなってしまったよ。

並んでいる時間もはやりんトークに花が咲いていい時間つぶしになっている。

「おまたせしましたー、なににしますか?」

はぁ…長かったぞ…30分近く並んだか?

なににするかだって?それはもう決まっている…

京太郎「イチゴチョコクリームにトッピングでバナナの追加で」

由暉子「それとタピオカミルクティーもお願いします」

はやりんのと同じものを食べさせてくれ。

「はい、少々お待ちください」

ほう…ここでは皮を注文が入るたびに焼いていくのか…時間のかかるわけだ。

クレープというのはこう目の前で作ってくれるのもおいしさの一つだ。

焼いてある皮を暖めなおすだけのところもあるが目の前で焼いてくれるほうがおいしく感じられるというものだ。

「……」ススッ

クレープの生地を手早く薄く伸ばしていくのって難しそうだよなぁ…

タコスのトルティーヤはよく作るがクレープの生地って作ったことないんだよなぁ…

今度ためしに作ってみようかな、案外うまくできるかもしれん。

由暉子「へーっ、結構たっぷりとクリームを使っていますね」

おっ、生クリームってこんなに入るのか!

テレビ用に大分盛ってると思っていたけど予想よりだいぶたっぷりと使用しているな。

これはいい意味で期待を裏切ってくれるじゃないか。

それにイチゴにバナナを乗っけてチョコもたっぷりとかけて…くるくると綺麗に巻けば…

「はい、イチゴチョコクリームのバナナトッピングでーす」

来たぞ、この嫌と言うほどクリームの詰ったおいしそうなクレープが。

あぁ…早くこのクレープにかぶりつきたい…


京太郎「よし、準備はいいか?」

由暉子「ええ…それでは食材とはやりんに感謝を込めて…」

京由暉『いただきます!』

甘いなぁ…皮にクリーム、チョコ、バナナ、イチゴと一口食べただけで口の中が甘さで一杯になるぞ。

それぞれの違った甘さが1つになってとろけるような甘さを作っている。

イチゴは酸味があるものを使っているのかと思ったがこれまで甘いものを使っていたとは。

甘さ以外の味なんて知らんとでも言っているかのようだ。

甘いものが好きな人にはたまらんだろう…女の子なんかは絶対に好きな味だろうこれは。

由暉子「ふわぁ…あまいですぅ…」トローン

やっぱりな…ユキも随分とこれを気に入ったみたいだな。

口元にクリームをつけながら幸せそうな顔をしてまあ…

京太郎「このタピオカもすんげぇ甘いな…」ズズッ

インドのチャイを思い出すようなくっそ甘いミルクティー、完全に甘さで溺れさせにきているぞ。

タピオカのクニュっとした感触ってやっぱ面白いなぁ…

でもタピオカって最後のほうで下に溜まってるのを吸い込もうと勢いよく吸うと喉に直接入って来るんだよな…

由暉子「こんなおいしい甘いものが食べられるなんて…しあわせですね」ニコニコ

ユキってばすっごい笑顔で食べてる…すっごいかわいいなこいつ。

甘いものって人を笑顔にする魔法の食べ物だよな。

そうだ、持ち帰りもできるみたいだしみんなにお土産に持って帰ってやるか!

京太郎「でもまた行列に並ぶのか…」

由暉子「もう一個食べるんですか?私も食べたいのでお供しますよ」

そうか…ならもう一度並びなおすとするか。

部長も緊張で硬くなっているみたいだしな…甘いものでも食べてリラックスしてから明日闘ってもらうとしよう。

カン!