豊音「(京太郎君と付き合ってからだいぶ経ちました

京太郎君は優しくて、頼りがいがあって、
どこへお出かけしても私を楽しませてくれる名人です


………でもちょっとエッチなんです)」


京太郎「豊音!脱いでよ豊音!」

豊音「う…うん、いいけど……そんなに期待した目で見ないでよー…」

京太郎「いいから!さあ早く早く!」

豊音「は、はぁい……」スルスル…パサッ…

京太郎「おぉ…!」キラキラ


豊音「…うぅ……恥ずかしいよぉ…//」

京太郎「…うおぉぉーーー!!豊音ぇぇぇーーー!!」ガバッッッ

豊音「きゃっ」ドサ…

京太郎「豊音っ豊音っ豊音好きだっ!大好きだーー!!」チュッチュッチュッチュッチュッチュッチュ

豊音「きょっ、京太郎くん////」

京太郎「ああもう最高だよ豊音ぇぇぇーー!!」チュッチュッチュッチュッチュッチュッチュ



豊音「(はうぅ…///この通り、京太郎君は情熱的なんです…////

抱きついてもらえるのはちょーうれしいんです…

だけど…)」


……

京太郎「はぁ…はぁ…ああ、豊音…今日もとっても良かったよ…」チュッ…

豊音「ん…京太郎君……」

京太郎「はぁ~本当に豊音は可愛いなぁ…」ナデナデ

豊音「はわぁ…///ね、ねえ京太郎君…?」

京太郎「んー?」ナデナデ

豊音「どうして私なの…?」

京太郎「なにが?」ナデナデ

豊音「その…彼女さんにしてくれたの……ほかのみんなのほうが小さくて可愛くて綺麗で…
おっぱいだってシロや塞のほうが……

私なんて体おっきいだけで、何もないし……」

京太郎「…」ナデナデ

豊音「こんなっ…こんな貧相な私なんかよりずっと……ずっと良い子がいるのに……

でもっ…京太郎君は…私を可愛がってくれて……それなのに私って……!」



京太郎「でも豊音は最高に可愛いじゃんか」


豊音「え…?」

京太郎「?」

豊音「きょ…京太郎君?」

京太郎「豊音は最高に可愛いくて大好きだよ、正直豊音さえいれば俺はいいや

…言ってたらまた可愛くて仕方なくなってきた」チュッ

豊音「んっ…」


京太郎「ぷはっ…好きになるのに理由なんかいらないだろ、

俺は豊音が何だか分からないけど大好きになって、気づいたら最高の女になったんだよ

他の女の子だったら絶対ここまで好きにならなかったって言えるよ

それも何でだか分からないけど分かるんだ


…それじゃダメかな?」


豊音「京太郎君……」ジワ…

京太郎「ああ、ほら…泣いた顔もめちゃくちゃ可愛いけど、涙はぬぐわせてくれよ」

豊音「(本当に京太郎君は……私の心をいつも包んでくれて…
はなしてくれなくて…それがとてもあたたかくて嬉しい…

一緒になれて本当によかった…)」



京太郎「ほーら、よしよし」ナデナデ

豊音「京太郎君っ…京太郎君っ……」エグッエグッ…

京太郎「まあ好きなだけ泣いていいからな、俺はこうやっているから」ナデナデ



豊音「(今は涙がぽろぽろこぼれて言えないけど、泣き止んだら精一杯の笑顔で言おう…)」




ありがとう京太郎君、私もあなたが世界一大好きですって……


カンッ